XC小説掲示板
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。

  •   [No.173] Re: 仮貼り・タイトルは… 投稿者:鶴翼斬魔  投稿日:2009/10/07(Wed) 09:51:07  

    > ―――どんなタイプの人にバージン奪われたい?

     さて…どんな人がいいものやら(汗

    1)女になってしまった途端に同い年の友人に抱いてしまった淡い恋心…てなわけで翔。

    2)大人への憧れ? けど股間はたくやでさえ籠絡されたキャノン砲の翔パパ。

    3)たくやと同じように荒々しく奪われてみたい……処女の少年っ娘にはキツすぎる寺田による緊縛強姦。

    4)一生の思い出だからこそアブノーマルに……宮野森学園の女子の制服に身を包んで佐野先生に目隠しされ……

    5)初めてはやっぱり先生がいい……完全に女の身体になってしまってから男の拓也先生に。それまではローターやお尻で徹底的に調教され、処女のまま行く身体にされ、おチ○チンはもう絶頂汁を噴くだけの存在に……

     ―――もう性“少年”じゃないな〜(汗


      [No.172] 仮貼り・タイトルは… 投稿者:鶴翼斬魔  投稿日:2009/10/06(Tue) 16:40:34  

    掲載されたので仮貼り削除。
    トップ記事消すと以下の記事も全部消えるので、形だけは残しておきます。


      [No.171] Re: 本日で五周年を迎えました 投稿者:aki  投稿日:2009/09/24(Thu) 06:40:16  

    >  それは罰になってないので……SM女王様モードのたくやちゃんの補習授業ならば(鬼

    ビバ! 女王様!! 是非!!!

    > > ではお返し問題、『小鳥遊』と言う苗字、さて何と読むでしょう?
    >
    >  「たかなし」は人の名前にも使われますし、かなり有名ですね。

    ……知りませんでした……出会った事無い〜

    >  そこにめぐみちゃんとか恭子さんとか静香さんがいないのは……

    etcに含みました〜
    静香さんは好きw
    前に鶴さんが言っていた? 「ナンパされて……」は見てみたいw

    めぐみちゃんも好きですが(「ドキドキダイエット」と「XC-F」のイメージ♪)
    恭子さんと合わせて……ゲーム本編の記憶が無い!!
    恭子さんのお父さんは、強烈でしたが……(汗

    >  ちなみに、ゴブアサシンももうすぐ身体を手に入れちゃう予定だったり……

    ……喋るんですか? 確かポチに近いとか?
    寡黙な子のイメージが……でもきっと可愛いに違いない!

    そいえば、パワーアップって(2段階目?)どうすればなるのでしょう? 本編、楽しみにしてます。

    >  すでに卒業検定合格ッスよ(T▽T)
    煽ててはいけません、すぐ調子に乗ります! 厳しい指導を!
    ひゃっほ〜い♪

    >  『ますますはんじょう』の前に「ますますの」と付けてるので

    ぐはぁ!!!(喀血)
    寺田先生にシバかれてきます……


      [No.170] Re: 本日で五周年を迎えました 投稿者:鶴翼斬魔  投稿日:2009/09/23(Wed) 21:20:50  

    > >  さては先生の授業を聞いていませんでしたね? ダメですよ、ぷんぷん!
    > ごめんなさい、先生!!
    > 梅先生の補習授業(たくやちゃん付き!)を希望します!

     それは罰になってないので……SM女王様モードのたくやちゃんの補習授業ならば(鬼

    > ではお返し問題、『小鳥遊』と言う苗字、さて何と読むでしょう?

     「たかなし」は人の名前にも使われますし、かなり有名ですね。
     他にも「戦」で「しのやま(死の山)」とか「一斗二升五合」で「商売ますます繁盛」とか。


    > 鶴さんの『たくやちゃん』が好きで、『たくや』をメインで書ける自信は有りません……情けない話、サブキャラシリーズは『逃げ』です(汗
    > でも、ケイトや、美由紀、留美先生、松永センセ、綾乃ちゃん〜etc
    > とても魅力的で、他の話(エッチ込!)が読みたくて……

     そこにめぐみちゃんとか恭子さんとか静香さんがいないのは……

    > 気がつけば自分で書こう! とw

     鶴もだいぶ後押しいたしました(^^;
     それこそ何も知らない未通娘を言葉巧みに路地裏の暗がりに連れ込むようなあくどい手口で…(嘘

    > お気に入りは……まぁ、わかりますよね?
    > そう、『ゴブアサシン』!! ………って……あれ?

     そろそろポチの子供バージョンも出したいところ。パワーアップしたら○○になっちゃいますから……
     ちなみに、ゴブアサシンももうすぐ身体を手に入れちゃう予定だったり……

    > >  鶴がかなり強引に執筆ワールドへ引きずりこんでしまった感じがするのですが、文章を「書く」楽しさを知っていただけたのは、何よりの幸いです。これからも読んで書いてと両面で文章がらみの楽しさをご満喫ください。
    > そうです…嫌がる自分を無理やり……ああ……
    > って! 冗談は置いといて――
    > 楽しいですw
    > 読む専門でしたが……意外とハマる?

     まさに妄想具現化!

    > >  そしてこれからも末永く執筆仲間としてお付き合いしていただきたいとお願い申し上げまする〜♪
    > いえいえ、こちらこそお願いしますw
    > 『師匠』と呼ばせていただいてるのですから、ご活躍を期待しています。

     すでに卒業検定合格ッスよ(T▽T)

    > では、ますますの『二升五合』を〜
    > ……この使い方おーけですネ♪

     『ますますはんじょう』の前に「ますますの」と付けてるので

    > ※自分的によく使う『♪』ですが、『ケイトのお話(プール編)』を書いて学びました、お気に入りです〜なんか好き♪

     小説に使える数少ない感情表現文字ですからね〜…「おんぷ」


      [No.169] Re: 4度目!! 投稿者:鶴翼斬魔  投稿日:2009/09/23(Wed) 21:04:39  

     投稿おつかれさまであります〜♪
     まだ呼んでおりませんが、掲載されたら読ませていただきますとも!

    > つらかったです!
    > 美由紀さん、勝手に動きます!!

     鶴だって毎回たくやちゃんが勝手に動き回りです(^^;
     それだけakiさんの中でキャラが確立しつつある証拠ですよ。

    > 話が最初のプロットと全然違いました!!
    > ホントは、『えっちな演劇』or『羞恥に悶える美由紀さん』を書きたかったのに……美由紀さん、強すぎ!!

     鶴も美由紀さんを書くのは難しいです。
     演劇がらみにするにしても、そもそも演劇ってどう書くの?…と言うハードルがあり、“演劇”がないとつい明日香そっくりになってしまいそうで…(汗

    > あっ、でも『牝犬』の美由紀さんは書いてて……楽しかった!
    >
    > ――わおん♪

     書いてて楽しいのが執筆を続けていくポイントですね♪
     鶴みたいに締め切りに追われて「ぱぴょーん(T◇T)」てなっちゃダメですよ?

    > さて、次は5周年記念小説!
    > 『明日香の寝取られ物語(仮)』に挑戦!!
    >
    > ……記念小説で『寝取られ』って……いいのかなぁ?
    > でも、ようやく明日香が書ける〜♪
    >
    > あ・す・か! あ・す・か!

     N・T・R! N・T・R!

    > あ……『美由紀編、その3』の最後で、美由紀さんのセリフに鶴さんの小説を遊ばせてもらいました。
    >
    > 事後報告で申し訳ありません、悪気も他意もありません!
    > お気に召さねばすぐ修正して、ぺたさんに送りますので!!
    >
    > ファン故にと、広い心でお許しくださるよう〜(汗

     読んでないのでなんとも言えませんが、気にしな〜い気にしな〜い(^^)


      [No.168] Re: 4度目!! 投稿者:aki  投稿日:2009/09/23(Wed) 06:24:29  

    投稿! 完了!

    これで美由紀編も終わり〜♪

    つらかったです!
    美由紀さん、勝手に動きます!!

    『脅迫者』がたくやちゃんならおもしろいかな〜って、思い付きのせいで……ひぃいいいいいいいい!!!

    話が最初のプロットと全然違いました!!
    ホントは、『えっちな演劇』or『羞恥に悶える美由紀さん』を書きたかったのに……美由紀さん、強すぎ!!

    終わり方ももう少し暗い感じだったのに……あ、美由紀さんがへこたれないのは同じですが……
    ちょっと強引になっちゃいました〜(汗

    あっ、でも『牝犬』の美由紀さんは書いてて……楽しかった!

    ――わおん♪

    さて、次は5周年記念小説!
    『明日香の寝取られ物語(仮)』に挑戦!!

    ……記念小説で『寝取られ』って……いいのかなぁ?
    でも、ようやく明日香が書ける〜♪

    あ・す・か! あ・す・か!

    さて、『たくや』にするか、『拓也』にするか……

    あ……『美由紀編、その3』の最後で、美由紀さんのセリフに鶴さんの小説を遊ばせてもらいました。

    事後報告で申し訳ありません、悪気も他意もありません!
    お気に召さねばすぐ修正して、ぺたさんに送りますので!!

    ファン故にと、広い心でお許しくださるよう〜(汗


      [No.167] Re: 本日で五周年を迎えました 投稿者:aki  投稿日:2009/09/23(Wed) 06:09:44  

    >  「生麦大豆二升五合」は魔よけの呪文です。「二升五合」だけなら「ますますはんじょう」ですけどね。
    >  さては先生の授業を聞いていませんでしたね? ダメですよ、ぷんぷん!

    ごめんなさい、先生!!
    梅先生の補習授業(たくやちゃん付き!)を希望します!

    >  そんな人には宿題です。「春夏冬中」をなんと読むか答えなさい。出来なければ特別授業よ!

    素直に読めば「しゅんかとうちゅう」ですが――
    ではお返し問題、『小鳥遊』と言う苗字、さて何と読むでしょう?


    >  ―――とまあ、先生チックな冗談はさておき(汗
    >  akiさん、五周年へのご祝辞、ありがとうございます(>▽<)
    >  鶴が書くのはたくやちゃんメインなので、akiさんのサブキャラシリーズは楽しく読ませていただいております。

    鶴さんの『たくやちゃん』が好きで、『たくや』をメインで書ける自信は有りません……情けない話、サブキャラシリーズは『逃げ』です(汗

    でも、ケイトや、美由紀、留美先生、松永センセ、綾乃ちゃん〜etc
    とても魅力的で、他の話(エッチ込!)が読みたくて……

    気がつけば自分で書こう! とw

    お気に入りは……まぁ、わかりますよね?
    そう、『ゴブアサシン』!! ………って……あれ?

    >  鶴がかなり強引に執筆ワールドへ引きずりこんでしまった感じがするのですが、文章を「書く」楽しさを知っていただけたのは、何よりの幸いです。これからも読んで書いてと両面で文章がらみの楽しさをご満喫ください。

    そうです…嫌がる自分を無理やり……ああ……
    って! 冗談は置いといて――

    楽しいですw
    読む専門でしたが……意外とハマる?

    >  そしてこれからも末永く執筆仲間としてお付き合いしていただきたいとお願い申し上げまする〜♪

    いえいえ、こちらこそお願いしますw
    『師匠』と呼ばせていただいてるのですから、ご活躍を期待しています。

    >  ちなみに、「春夏冬中」は「秋」が無いので「あきないちゅう」→「商い中」と読みます。
    >  江戸時代の言葉って面白いですね〜♪

    日本語ならでの言葉遊びw…ですね。

    ちなみに『小鳥遊』は――
    『小鳥が遊ぶ』と書いて『たかなし(鷹がいない)』と読むらしいです(by悪魔のミカタ うえお久光先生)

    なんか、綺麗で好きな読みですw

    では、ますますの『二升五合』を〜
    ……この使い方おーけですネ♪

    ※自分的によく使う『♪』ですが、『ケイトのお話(プール編)』を書いて学びました、お気に入りです〜なんか好き♪


      [No.166] Re: たく波補習編・途中経過 投稿者:鶴翼斬魔  投稿日:2009/09/23(Wed) 00:02:04  

    +7日目・火曜日・午後:宮野森学園生徒指導室:たくや

     あたしは……歩きながらイってしまうどスケベ女になってしまいました。
     頭の中は童貞の男の子たちに犯されることでいっぱいで勉強なんて手につかず、見られているだけで潮を噴いてしまうような淫乱な痴女学生です。
     おチ○ポをねじ込んで欲しいです……ヌルヌルのスケベマ○コを梅吉先生のおチ○チンに掻き回して欲しくて、たくやは辛抱たまりません―――梅吉先生に校舎一階の指導室へ連れ込まれたあたしは、短いスカートをたくし上げながら自分を貶める卑猥な言葉を何度も言わされました。
     梅吉先生は全部知っていました……あたしが補修中に周囲の男子たちから性的な悪戯を受けていたことも、黒板の前で恥ずかしさに打ち震えながらおマ○コを震わせていたことも。それに……あたしが宮野森学園の卒業生であり、寺田先生に可愛がっていただいていることも、そして以前、校長先生の“指導”を受けてイヤらしい女になってしまっていることも何もかも知っていて、廊下で出会ったあたしに無理やり補習を受けさせたのです。
    「キッシッシ……なかなか楽しい授業じゃったぞ。わしが気づいておらんと思うて、ずいぶん乱れおったのう。あのころはまだ男に戻る危害があったのに、今では男なら誰でも見境なしか」
     ショーツをはいておらず、むき出しにヌルヌルおマ○コに梅吉先生の指が挿入されました。細いけれど長年の教師生活でチョークを持ち続けてきた指先は硬く、間接も節くれだっています。ですがそれ以上に、年季を感じさせる巧みな指使いでヴァギナの奥まで抉られてしまったあたしは、太股をビクビクと痙攣させながら指導室の床に大量の蜜汁を噴き放ってしまいました。
    「おお、こんな甘露をこぼすなど、なんともったいない」
     ざらざらした指先が膣天井を押し上げ、Gスポットの膨らみを圧迫します。そこへさらに、跪いた梅吉先生の舌がクリトリスを責め立ててきます。
    「一口すするだけで寿命が延びる心地じゃ。どうれ、もう少し搾り出させてみるかの、クックック……」
    「―――、ッ―――――……!」
     梅吉先生がおマ○コに口をつけて愛液をすするたびに、あたしは立ったまま全身を波打たせます。奥歯を強く噛み締めても震えを抑えることは出来ず、息をすることすら忘れたまま指導室の天井へ向けて絶叫を迸らせてしまいます。
    「ほんにイヤらしい女になったものじゃな、相原よ。数年ぶりにお前の姿を見ただけで、ほれ、もうお役ごめんかと思っておったワシのチ○ポがこんなに勃起しおった」
     後ろにあった机に手を突き、肩幅以上に足を開いて恥丘を突き出してあえいでいるあたしの前で、梅吉先生はチャックを下ろし、中からそそり立つ肉棒を引っ張り出します。
    「す…スゴい……」
     快感でとろけてしまった顔をペ○スに向けると、思わず感嘆の言葉が唇をついてしまいます。
     すでにかなりのお年を召しているはずなのに、梅吉先生のたくましいおチ○チンは寺田先生の巨根に摩擦とも劣らない逞しさです。本当にインポだったんでしょうかと訊ねたくなるほどの大きさは小柄な老教師には不釣合いにも思えますが、一目見ただけで、童貞チ○ポに犯されたがっていたはずのあたしのおマ○コが梅吉先生のおチ○チンを突っ込んで欲しくて仕方がなくなっています。
    「しゃぶれ。お前の先輩方を何十人……いや、何百人と喰ってきたチ○ポじゃからな。丹精込めて嘗め回すのじゃぞ」
     顔の前に突き出されたペ○スは浅黒く変色していて、童貞ペ○スではかもし出せない年輪を感じさせます。そんな梅吉先生の立派なおチ○チンを根元からゆっくりと扱きあげると、大きく膨らんだ亀頭に舌を絡ませて口に含みます。
     ヌップ、ヌッポ、ヌッポ……口の中に何日も洗っていないおチ○チンのすっぱい臭いが充満すると、もう止まれません。自分が床に撒き散らした愛液の上でスケベマ○コに左手の指をねじ込ながら、髪の毛を振りたくるように顔を前後に激しく動かします。
    「おう…おうゥ……こんなにフェラの上手い学生は今まで一人もおらなんだわ。風俗嬢よりも男のつぼを心得おって……!」
     ノドの奥でビクンビクンと震えるおチ○チンの感触を味わいながら、深いシワの刻まれた梅吉先生の顔を見上げていると、突然頭を抑えつけられました。
    「フェラで出すつもりは無かったんじゃが……もう我慢できん! 出すぞ、全部のめ、ワシの子種を全部じゃ、全部……!!!」
     前後に大きく抜き差しされるペ○スが何度もノドの奥へと突きこんでくるのを、あたしは懸命に受け止め、舌を絡ませます。梅吉先生の立派なおチ○チンが引き抜かれると、いっぱいたまった唾液が唇からあふれ出して制服のブラウスの上に滴るけれど、気にはしていられません。根元まで加え切れないような巨根に唇を犯され、むせ返りそうになるのをこらえるのに必死です。
     ―――何年かぶりに射精される精液……
     頭の上からは梅吉先生が荒く息をする音が聞こえてきます。気持ちよくなってもらえている……そのことに喜びが胸に湧き上がった直後、あたしの口の中に濃厚なザーメンがビュルビュルと吐き出されました。
    「お…おおおゥ………!」
     あたしの頭を抱え込んで、梅吉先生はあたしのノドの奥めがけて口内射精を繰り返します。熱い精液が口内に溢れかえり、それでも唇の端からこぼれそうになる白濁をジュルジュルジュルと卑猥な音を立ててすすり上げながら、祖父と孫ほども年の離れた梅吉先生の精子をノドを鳴らして何度も飲み下します。
    「あ…お……あ、相…原ぁ……!」
     梅吉先生の濃厚なザーメンはとてもノドに絡み、病み付きになってしまいそうです。学生時代、よく怒られた怖い先生のおチ○チンを女になってしまったあたしがなめしゃぶっている……そんな状況に以上に興奮してしまったあたしは、手首まで愛液にドロドロになるほど左手で股間をまさぐりながら、おチ○チンをシコシコ扱き続け、二回連続で梅吉先生を射精に導いてしまいます。
    「んっ………!」
     今度は一口目だけノドの奥で受け止めると、すぐさまおチ○チンを吐き出し、ぶっといペ○スから顔いっぱいにザーメンを撒き散らしていただきます。恍惚の表情を浮かべるあたしの顔めがけて精液が吐き出されるたびに、指でかき回していた蜜壷がビクンと跳ね、鼻腔に梅吉先生の臭いを感じながら床にもっとたくさんの愛液をお漏らししてしまいました。
    「これはとんだチ○ポ狂いじゃ。寺田のヤツも、ようこれだけ仕込んだもんじゃのう」
    「は…アァ……梅吉…センセェ……♪」
    「ワシのチ○ポが気に入ったか? じゃがそう簡単には……」
     そんなこと言わないで……あたしの顔を流れ落ちてくるザーメンを救って口元に運ぶと、アゴを突き出しながら歯と歯の間でゆっくりと噛み締め、見られていることを意識しながらノドの奥へと流し込みます。そしてうっとりと表情を蕩かせて微笑むと、ブラウスの胸元からリボンを抜き取り、男子たちに揉まれまくって赤く膨張してしまっているIカップの膨らみをさらけ出してみせます。
    「あたしのおマ○コに……梅吉先生のぶっといおチ○ポをハメてください……」
     梅吉先生の視線は、あたしの胸に釘付けです。こんなに大きい胸、女子生徒どころか風俗の人にだってそうはいません。そんなイヤらしいおっぱいを両腕で抱え込んで深い谷間をもっと強調しておねだりの視線で見上げると、ゴクリと唾を飲んだ梅吉先生は二回射精して萎えかけていたおチ○チンをビンッと勢いよく反り返らせ、あたしを床に押し倒していただけました。
    「ああ……ああああああァ………♪」
     あたしはおチ○ポをグチュリとおマ○コにハメられた瞬間、あっという間にイってしまいました。
     愛液まみれの床の上で腰を跳ね上げ、結合部から間欠泉のようにドロドロの蜜汁を噴出しながら、補習を受けているときからずっとずっと待っていたおチ○ポを根元までおマ○コに咥え込んでイってしまっています。
     そんなにも簡単にイってしまう淫乱なあたしのおマ○コの感触を楽しんだ梅吉先生は、ボリュームのある乳房に顔をうずめながら年齢を感じさせない激しさであたしのおマ○コを掻き回します。あたしもまた、梅吉先生の背中に手を回してしがみつきながらおマ○コを締め上げ、ヌチュ…グチュ…とおマ○コとおチ○ポの擦れる音を部屋の外にまで聞こえるほどに鳴らしてしまいます。
     ―――聞かれてる……見られてる……あたしが梅吉先生とSEXしてるの、みんなに見られてるぅ……!
     あたしの事しか見えていない梅吉先生は、今度こそ気づいていません。こっそり鍵を開けておいた扉の隙間から、窓を覆うカーテンの隙間から、一緒に補習を受けた男子たちがSEXしているあたしへとギラギラした目を向けているのです。
     せっかくSEXできる放課後の直前に梅吉先生にさらわれ、おチ○ポをハメられてイきよがっているあたしを見て、みんなはどう思っているでしょうか? 悔しがっているかもしれません。怒っているかもしれません。
     でもみんな、あたしのことを見ておチ○チンを勃起させているはずです。梅吉先生と心ゆくまでSEXしたら、全員であたしを輪姦してくれます。使い込まれたぶっといおチ○チンもいいけれど、SEXを知らない童貞少年たちに滅茶苦茶に犯されるのもあたしは大好きな淫乱なんです。
    「もうガキのチ○ポなど忘れてもうたか! ワシのチ○ポに夢中になったか! これから寺田に抱いてもらえぬ時はワシのところに来て股を開け、いいな!」
    「梅…キ…チ…セン…セ……ェ………!」
     寺田先生に続いて二人目のおマ○コ契約です。これから毎日休むまもなく二人の先生に犯されるのかと考えながら、あたしのおマ○コに梅吉先生の三度目の精液が注ぎこまれます。
    「あ…はあァ………♪」
     避妊もせぬまま、あたしの子宮の中は梅吉先生のザーメンで満たされてしまいます……これであたしのおマ○コは、梅吉先生のモノにもされてしまいました。



     でもきっとこのSEXの後で、何人もの男子たちにもおマ○コをハメまわされるはずです。
     だから今はあたしの痴態を見ていてください……後で必ず、梅吉先生のおチ○チンと同じように根元まで咥え込んで、童貞をもらって差し上げます。
     男の人に突っ込まれるのなら簡単に身体を許してしまうこのたくやを、どうか…ど…どうかぁ……♪


      [No.165] Re: 本日で五周年を迎えました 投稿者:鶴翼斬魔  投稿日:2009/09/22(Tue) 15:24:16  

     「生麦大豆二升五合」は魔よけの呪文です。「二升五合」だけなら「ますますはんじょう」ですけどね。
     さては先生の授業を聞いていませんでしたね? ダメですよ、ぷんぷん!
     そんな人には宿題です。「春夏冬中」をなんと読むか答えなさい。出来なければ特別授業よ!


     ―――とまあ、先生チックな冗談はさておき(汗
     akiさん、五周年へのご祝辞、ありがとうございます(>▽<)
     鶴が書くのはたくやちゃんメインなので、akiさんのサブキャラシリーズは楽しく読ませていただいております。

     鶴がかなり強引に執筆ワールドへ引きずりこんでしまった感じがするのですが、文章を「書く」楽しさを知っていただけたのは、何よりの幸いです。これからも読んで書いてと両面で文章がらみの楽しさをご満喫ください。
     そしてこれからも末永く執筆仲間としてお付き合いしていただきたいとお願い申し上げまする〜♪





     ちなみに、「春夏冬中」は「秋」が無いので「あきないちゅう」→「商い中」と読みます。
     江戸時代の言葉って面白いですね〜♪


      [No.164] Re: 本日で五周年を迎えました 投稿者:aki  投稿日:2009/09/21(Mon) 04:39:35  

    祝辞! のべさせていただきます。

    5周年! おめでとうございます〜♪

    XCは1,2,3とプレイしました。
    大好きな作品です、1か2をプレイした後、何かXC2次小説を探そうと鶴さんの作品を読ませていただきましたw

    最近、ふと思い出して微かな記憶で『山野旅館』と言うキーワードを頼りにググってみると…「あった〜!!!」とびっくりしましたw

    しかも新作がたくさんw 最初に拝見した時はにはXCは小説館は無かったと思います。

    それからちょこちょこと読ませていただきましたが……今ではきっと『粘着』と呼ばれる部類で、自分でも引いていますが……まぁ『愛ゆえに』とお許しください。

    小説と呼ぶにはおこがましい素人の駄文ですが、少しでもお役に立ちたいとちょこちょこ書かせてもらってます。
    ……いや、意外に楽しいですよ? 物書くってw

    お金使わないし〜♪

    では、益々のご繁栄をお祈りして……

    『生麦大豆二升五合』!!
    ※つい、今日憶えた言葉ですw 最近、憶えたての言葉は使いたくてしょうがなく(汗


    以上を締めの言葉とさせていただきます〜♪


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -