第58話「3年になっても罰はつづく」


 わすれんぼの罰。忘れ癖を無くすために全裸にまで悪化させた罰だが、 3年生となった葉須香にはもうそれをする必要はなくなった。  忘れ物をしても制服のままで過ごせるなんて何て嬉しいことなんだろ うと葉須香は幸せを実感していた。  もし名歯亀が居たなら、始業式当日から忘れ物をした葉須香は全裸で 教壇に立つことになっていただろう。  一応、クラスメイトは、ほとんど変わらず数人ほどの入れ替えがあっ ただけなので、罰がリセットされることもなかったはずだ。 (葉須香はそのまま3年4組になり、担任は仮として臨時教職員が務める) 「・・・今日も忘れ物したけど..もうあんな恥ずかしいことしないわ」 (そう、これで良かったんだわ。大体、忘れ物したぐらいで裸になるなん ておかしいわ。クラスのみんなも罰を要求しないし、これで普通のクラス に戻ったんだわ)  ただ葉須香の忘れ癖は相変わらずであり、鞄の中には全然違うものがい っぱい入っていた。 (う〜ん、ちょっと今日はたまたま忘れ物が多かっただけよね)  少し忘れ癖が悪化したかもと思う葉須香。今までは必死に辱めを受けな いように神経を尖らしていたので少々の忘れ物で済んでいたが、罰が消え たせいで緊張感がすっかり消えた気がする。  だって、いくら忘れても問題ないし、ひどくなったら注意すればいいだ けのことなんだしと、気軽に考えてる葉須香だった。  ただ葉須香の忘れ物は度を越しているかというか、久々に寝坊して慌て て焼きたてのコロッケロールを口に咥えて、家から飛び出したんだが、し ばらく走ったところで顔を真っ赤にして慌てて家に戻ってきた。 「いやぁぁぁぁぁ〜!服着るの忘れちゃったよぉぉぉ〜!」  1年生になった頃によくしでかした全裸飛び出しを久々にやってしまっ た葉須香。よく靴下を片方間違えたとかはあるが、シャワーを浴びたあと で着替えるのを忘れて裸で家を出るなんて葉須香にしか出来ない芸当だ。  これほど忘れ癖がひどい葉須香は時には常識では考えられない忘れ物を してしまい、学校に持ってきたものが鞄ではなくて、フライパンだったと きは誰も葉須香に何を言っていいやら言葉が見つからなかった。  男子たちはどんどん忘れ癖がひどくなっていく葉須香を心配してきて、 ついに声を掛けてきた。 「葉須香ちゃん、罰はしなくてもいいから何かいい忘れ物をしない方法を 考えないか?」 「そうだよ。最近の葉須香ちゃん、忘れ物がひどすぎるし..心配だぜ」 「そ、そうよね..私もそう思う」 「もうあんな変な罰は出さないから、みんなで考えていいか?」 「俺たち、葉須香ちゃんの力になりたいんだ!」 「うん、お願い」  こうして久々にHRのテーマとして”わすれんぼの葉須香の忘れ癖をな くすには”として話し合うことになったが、いい解決策がでるわけがない。  大体、全裸になるまで忘れ物を続けた葉須香に普通の方法が通じるわけ がないだろう。  そう、あれだけ罰を恥辱に変えたのは葉須香の忘れ癖がそれだけひどか ったからだ。葉須香もようやくその事実に気づいたようだ。  なんで私は校歌を歌う罰から、全裸で立つまでレベルアップしたのか。  どんな辱めを受けても忘れものを続けたから。その辱めを受けないよう に努力している自分も居たけど、今はそれが全く無い。  だからって全裸の罰なんて再開したくない。葉須香が男子に提案すれば 罰は再開するが、絶対にそんなことしてたまるものですかと誓っていた。 (当たり前よ!もう私は裸にならないんだからっ!あんな恥ずかしいこと 2度と御免だわっ。けど..普通のペナルティなら..ありかも)  エッチな罰は2度とするつもりはないが、ペナルティみたいなものが必 要なのは分かっていた。 「・・・1年生の頃にやった校歌熱唱を違う方法でやればいいのかも..」  葉須香は今度、忘れ物をしたら校門のところで校歌を熱唱することを決 めた。 (これなら十分恥ずかしいし、忘れ癖もなくなるかも!)  まあ、今更校門での校歌熱唱程度で忘れ癖が治らないのは言うまでもな かった。そこで翌日は体操着で歌うことにし、翌々日はスクール水着で歌 ってみたが、大した効果は現れなかった。  気が付くとレオタードや演劇部から借りた衣装で歌ってみたが歌唱力が 高まるぐらいだった。 (何で何で忘れ癖が治まらないの?コスプレ程度じゃ駄目かも..ペナル ティらしいものでいかないと駄目なの?)  校門で悩んでいた葉須香に3年1組の男子たちがろくでもないアドバイス をしてきた。 「前みたいに裸になれとは言わないけど、恥ずかしい姿じゃないと駄目じ ゃないか」「・・・そうなのかな」「少しだけ試してみたらどうだ」 「う、うん..でも..」「俺たちが壁になってやるからやってみろよ」 「そ、それなら..」  3年1組の男子に言いくるめられて、少しずつ脱いでいく脱衣熱唱の罰を やることになり、気づくと下着姿で元気に歌っており、「って!これじゃ、 いつものパタンじゃないのよぉぉ〜」と顔を真っ赤にして我に帰った葉須 香が居た。 (いくら言いくるめられたからって何で下着姿になっちゃったの?これじ ゃ今までの罰と変わらないわ) 「葉須香ちゃん。別にこれ以上脱がなくても俺たち文句言わないぜ。大体、 俺たちもここまで脱ぐとは思わなかったし」「まあ脱ぐのを止めなかった 俺たちが悪いよな」「男子のサガだと思って許してくれっ!なっ」 「・・・うん、悪気がないのは分かってたし、テンポが良くて脱いだのは私 の方だから」 「ありがと、葉須香ちゃん」「けど、4組の連中に文句言われそうだな」 「みんな..」(1組もみんなも真剣につきあってくれたのね..)  どうやら3年1組の男子には葉須香を裸にさせるつもりはなかった。 「葉須香ちゃん、この罰は今日でやめた方がいい。俺たちが壁になってる せいで目立ち始めたからな」「あまり力になれなくてごめんなっ」 「わ、私こそ、みんなに感謝してるから。ありがとう、みんな」  それにしても、どうしてここまで脱いだのだろうか?  強制的にやってるのなら救いはあるけど、自分自身がここまでするとは 思いもしなかった。  ここで我に帰ったからいいけど、きっと次はブラを外したのかも、それ でも駄目ならショーツを下ろしてたはず..  いや、これには男子たちに言えない理由があって、忘れ癖が少しながら も改善に向かっていたからだ。  まず、4月上旬に何回かしでかしてしまった全裸飛び出しをしなくなっ た。ご近所さんに露出狂と勘違いされるので、これだけは何とかしなくち ゃと決めていたので、脱衣罰を続けてみたが、下着姿までレベルアップし てしまうとは思わなかった。 「これじゃ本末転倒じゃない!裸で罰をしたら元通りじゃないのっ!」  この脱衣熱唱は危険だと判断した葉須香は新たな罰をホームルームでみ んなと一緒に考えることにした。 「!そうだわ。1人で校庭3周..いや5周走る罰なら、汗もいっぱいか いて疲れるし、目立つ罰だからいいかも知れない!どうかな、みんな?」 「いいと思うけど、脱衣熱唱みたいに勝手に過激にするのは駄目だぞ」 「あれじゃ、名歯亀や笛地の罰そのものだぜ」 「そうよね..もうあんな恥ずかしいことはしないから..」 「葉須香ちゃん、制服は絶対レベルアップすんなよ」 「レベルアップは別の方法でいってくれよ」 「う、うん、今度はずっと制服で走るし、走る距離を増やすのがレベルア ップならどうかな?」「なるほど、それならいいな」「俺も賛成だ」 「ガンバレよ。葉須香ちゃん」「うん」  葉須香はこの時、ちょっと不思議に思った。2年の時はあんなに先生と 一緒に葉須香の恥ずかしいところを見ようとしたのに..  それが例の名歯亀定年があってからは、すっかり真面目になったような。  4月になって3年1組の担任に復帰した裾部も人が変わったかのように 痩せ細り、女子に辱めをしてくることも無かった。  それと1組の男子も脱衣熱唱の罰以降、何もしてこなかった。 (でも、これでいいんだわ。あんな辱めの罰はもう2度としてはいけない んだから!)  こうして4月中旬から校庭5周の罰を葉須香自身が決めて、案の上、忘 れ物をしたので校庭を走ることになった。  4組の男子たちが「罰だからって全力で走らなくていいんだぜ」「ゆっ くり走ってこいよ」と優しい言葉を掛けてきた。  あとは葉須香が戻ってきたときに風邪を引かないように汗を拭くタオル とミネラルウォータを机の上に置いて、そして葉須香が無理しないよう男 子一同で窓から見守ることにした。  一応、この罰は他のクラスの男子の耳に入ったが、今更走る姿を見ても 何の興奮もしないので普通に授業を受けていた。 「はぁはぁ..こんなので..みんな私の忘れ癖が無くなると思うのかし ら..」ここ5日間ほど罰で走っており、忘れ物が多いときは全力で走る ことにしていた葉須香。  最初から分かっているのかも知れないが、これは無益な苦労ではないの か?そう思うと虚しくなってくる。どんな罰が一番効果が出るのを誰もが 知っているだけに複雑な心境だ。  けれど、やっぱりあんな恥ずかしい罰を絶対に再開したくない!男子た ちは一体今の状況をどう感じているのだろうか? 「今日も頑張ったね。ほら、汗拭いたふいた」「着替えたほうがいいな」 「はぁはぁ..みんな、これ続けてもいいのかな?効果あるのかな..」 「何弱気なこと言ってんだ。そのうち効果が出るよ、きっと!」 「だから変なレベルアップはすんなよ。走る距離を増やすのはいいけどな」 「ありがと..みんな」 (みんな..本気で私の忘れ癖を治そうとしてくれてるんだわ..私も.. そろそろ本気で考えないといけないわ)  翌日、忘れ物をした葉須香が校庭5周の罰の準備を始めたが、注目して いるのは3年4組の男子たちであとはどうでもいいって気持ちで校庭を見 てなかった。  そろそろレベルアップの頃だから7周ぐらい走るんじゃないかと4組の 男子たちは思っていた。  そんな中で校庭を走ってきた葉須香を見て4組の男子たちが一斉に驚い た。 「!!!!!!!!!!」 「おいっ!何で葉須香ちゃん、すっぽんぽんなんだ?」 「うおおっ〜、葉須香ちゃんが全裸で走ってるぞぉぉ〜」 「いや、喜んでる場合じゃねーよ。こりゃ、どういうことなんだよ?」  何と葉須香は全裸で校庭にやってきて、そのまま恥部を隠さずに校庭を 5周しているのだ。  幸いなことに4組以外のクラスで騒いでいないところを見ると、葉須香 の全裸走りを見逃しているのだろう。  けれども何で葉須香は全裸で走ったのか?  それは葉須香自身が普通の罰ぐらいで忘れ物が無くならないと理解した からだ。  それでも男子たちは自分の為に必死に忘れ癖を治そうと頑張ってくれて いる。本当は葉須香の裸が見たいのに、彼らはそれを我慢し協力してくれ るのだ。 (私..何かみんなのこと勘違いしてたわ..)  葉須香は男子たちも所詮、名歯亀と同じだと、絶対に辱めの罰などして たまるものですかと抵抗することを決めた。もう、わすれんぼの罰はしな いと誓ったんだけど、彼らが本気で葉須香の忘れ癖を治そうとしているの がようやく分かったからだ。  そりゃ多少はやましい気持ちが含まれていただろう。でも女子の裸を見 れば暴走するのも仕方ない。  私も本気で..忘れ癖を治したい..制服でいくら校庭を走っても意味 がない。こんなので懲りる自分ではないことは葉須香自身が痛いほど理解 したのだ。  罰で教室を出た後、男子たちが走り終わった自分のことを気遣う会話を 耳にすると葉須香は涙が止まらなくなった。 「そろそろ走る量を増やすと思うけど、それは葉須香ちゃんの負担が増え るだけだからやめさせようぜ」「ああ、そうだな」「何とか次の罰を考え ようぜ!もちろん、エッチなのは厳禁だぜ!」「わかってるよ」 (みんな..こんなに真剣なのに..私はいつまでこんな無駄なことを.. これが誤魔化しの罰で意味がないのは十分分かってるのに..私ったら.. いったい何をしたいの?もし、男子たちが本当に私の為に考えてくれるん なら..) 「でも..私が全裸で走るといったら..今のみんなは見たいのを我慢し て必死にとめてくるはず..いや、それじゃ駄目なの!」 (そうよ..恥ずかしいけど..すごく恥ずかしくて嫌なんだけど..こ れは忘れ物をした私が悪いんだから!須和葉須香はわすれんぼの罰を受け なければいけないのよっ) 「それじゃ..始業式から今までした忘れ物をしたことを含めると..校 庭5周の罰で..上着を脱ぐのは?当然!スカートを外すのは?当然よ! ブラを外すのは?それも当然..じゃあショーツを下ろすのは?当然です」  誰も居ない正面玄関で葉須香が自問自答しながら次々と服や下着を脱い でいく。  葉須香の足元には制服や下着が脱ぎ捨てられており、最後の自問自答を した。「それじゃ..恥部を隠して走るのは?・・・だ、駄目です!」  結果として須和葉須香は恥部を隠さずに全裸で校庭5周することが当然 ということになった。  だけど裸のままで学校を出るなんて、どうしても出来ず、自分で裸にな ったにも関わらず悲鳴をあげた葉須香だった。 「いやぁぁぁぁぁっ!やっぱ無理ぃぃぃ〜。こんな恥ずかしい姿で校庭5 周なんて絶対おかしいよぉぉぉ〜」  これからすることを思い出して、怖気付いた葉須香だが、これがもし名 歯亀だったら、どう言ってくるのだろう.. (名歯亀先生だったら..これでも甘すぎるっていうわ..そう..名歯 亀先生はきっと..) 「葉須香、こんなに忘れるとは呆れただべぇぇぇー。全裸で5周?そんな 罰、我輩にとっては激甘、地獄甘、サタン甘だべぇ〜!!」 「そ、そんなぁぁ〜」 「我輩だったら、ま●こをテープで開いたままで走ってもらうだべぇぇー! それをしないだけでも感謝するのだべぇぇぇーー!」 「わ、わかりました..」  一瞬だけだが、正面玄関に名歯亀が立っているような気がした葉須香だ った。 「そうよ..あそこを開かないで済むんだから..まだマシなんだから」  名歯亀に背中を押されたような感じで、ついに裸で校庭に向かった。  そして、葉須香は自分から全裸校庭5周の罰をすることになり、自分か らした罰なのに「こんな罰、ひどすぎるよぉ〜。もう、次からは絶対に忘 れ物なんかしてたまるものですかぁ〜」と全身を真っ赤にして叫んでいた。


第59話へ