第55話「5組の女子たち」(挿絵:たーちんさん)


※時々CGと文字が重なる場合がありますので、その時は1回再読み込みしますと直ります。

周兄さん、今週は憂うつな1週間となりそうです。 何せ、中間テストが始まり、毎日勉強づくしになるからです。 とりあえず1日目は赤点を取らない程度に出来たつもりだけど、まだまだ 先が長いよぉぉぉ〜〜。 こういう時に元気なのは頭がいい子ぐらいなもので、蘭ちゃんなどは頭 から白い煙を出してるような感じでグロッキーとなっていた。 私も人のことを笑えないほど疲れており、こういう時にトラブルが起こる と何も出来ないのかもぉぉ〜。 ちょっと心配なのは内川さんが元気すぎるとこだけど、取り巻きの角東 さんや奥西さんが蘭ちゃん並に煙を出してる感じだから大丈夫かも知れ ない。 「こらっ、都緒乃!穂耶紀!今がチャンスなのよっ!起きなさいっ!」 「穂耶ちゃんは燃えたよぉぉ〜〜燃えつきたよぉぉ〜真っ白だよぉ〜」 「うむ」 「まだ初日じゃないのっ!今から燃え尽きてどうするのよっ」 取り巻きがあの感じだと心配なさそうね。 これで今週はテストのことだけ集中できると思ったのだけど、どうやら すんなり行かない感じになってきたみたい.. 突然、教室のドアが開き、隣の5組の女子たちが集団で中に入ってきた のであった。 「御機嫌よう〜内川さん。今日も元気そうですわね〜」 「村兼..何の用?そんなに大群つれて勉強会かしら?」 「あらあら、相変わらず威勢がいいわね。失敗つづきで落ち込んでると 思いましたけど..ほほほっ」 カチンッ「ずい分と生意気な口を言えるようになったわね。昔のあんた では考えられないわね。先公を味方につけるとそうなるのかしら?」 「五月蝿いわね..馬鹿ばかりやってる貴女に言われたくないわ」 「何ですって」「この数、相手にやる気かしら?」 何か目の前で5組の女子たちと内川さんですごい火花が飛び散っているん だけど、これって分裂ってことなのだろうか? 元々、内川さんは5組の女子を大勢引き連れて、いろんなクラスの女子を 苛めていたはずだけど、その女子たちに囲まれてるなんて.. でも、ほとんどの子は内川さんの鋭い眼光で怖気付いてるみたいで、烏合 の衆ような感じだ。 「さすが内川さん、これぐらいじゃびびらないのね。お嬢(村兼)どう したらいいかしらぁ〜」 「町勝、あんたの差し金か..それとも公金の先公の考えか?」 「これは私の考えですのよ。先生や詩譜(町勝)は私に力を貸してるだけよ」 どうやら見た感じ、5組のお嬢と呼ばれる村兼 仲穂(むらがね なかほ) が委員長の町勝 詩譜(まちがち しふ)と担任の公金 朱結(きみがね しゅゆ)先生と組んで内川さんに反旗を翻してきたみたいであった。 ちなみにお嬢と呼ばれるのは父親が地元の有力者で誰も手が出せないこと から、好き放題やっているとこから付けられたあだ名らしい。 今までは内川さんに頭があがらなかったはずのお嬢であったが、町勝さんや 公金先生に入れ知恵をされて、こうなったみたいと隣にいた美紗里が説明 してくれた。 「今回は私たちは無関係のようだから帰りましょ」 「でも美紗里〜、このまま放っておくのも不味いんじゃ..」 「いいのよ。身内の争いに私たちが入る必要はないわ」 「ぅぅ..けど、かなり内川さん、危険そうだけど」 5組の女子たちがじわじわと内川さんを押さえようと迫ってる中、内川さん はぐったりしている2人の机を蹴りながら、角東さんや奥西さんを起こそう としている。 「いつまでも、ぐったりしてるなぁ〜!お嬢の馬鹿が謀反を起こしたわよ」 謀反って..何かすごい言い方してるんだけど.. 「ぁぅ..こういう力仕事は怪力で格闘ばかの都緒(とぉ)っちゃんにまか せるのだぁぁ」 「力でない..頭いたい..」 「都緒乃!穂耶紀!この状況を把握しろっ!」 「ふふっ、自慢の2人は何も出来ないみたいね。それにこういうところに無駄 に割り込んでくるあの女も何もしてこないようね」 あっ..蘭ちゃんのことね..確かにまだ煙を出してるから駄目かもぉ〜 こうなったら、愛賀さんと矢井中さんに力をと思ったけど、さっさと帰って いるし.. やっぱり、ここは美紗里の言うとおり傍観しろっていうことなの? でも、やっぱり見捨てることなんて出来ないよぉぉぉ〜〜 何かだんだん内川さんが追い詰められてるみたいだし、さすがに内川さんも 焦り始めた感じで奥西さんの方を必死に起こそうとしていた。 (それにしても角東さんじゃなくて、なぜ奥西さんを?) 「ぁぅ..これ以上、穂耶ちゃんの眠りを妨げるなら、いろいろばらすのだ」 奥西さんのばらすの一言に5組の女子たちが一斉に後ずさりをした。 これって、どういう意味なんだろ? 「要は5組の女子たちの弱みを握ってるってことよ。一部の女子は穂耶紀ノート と呼んでるらしく、いろんな人の弱みを収集してあくどく使っているみたいよ」 何かそれってすごい気がするけど..しかし美紗里の情報力もすごいかも。 とりあえず、お嬢と町勝さん以外は何も手が出せない感じになったみたい。 「あんたたちっ!いつまでも穂耶紀に弱みを握られたままでいいのっ」 「でも町勝さん..あいつの情報は..」 「穂耶紀ノートだが何だがわからないけど、取り上げればいいのよ。今なら、 それが簡単に出来ると思わないの?ねえ、お嬢」 「そうですわね。力バカの角東さんも何も出来ない今が好機じゃないかしら?」 2人の言葉で再び、内川さんたちを包囲していく5組の女子だけど、何か板ばさみ の感じよね。 「都緒乃!あとでケーキおごるから、踏ん張りなさいっ!」「ケーキ..欲しい」 内川さんの言葉で立ち上がった角東さんがいきなり机を2本指で持ち上げて くる。何の意味があるかわからないけど、バランス力はいいかのかも.. 「穂耶ちゃんのノートはここにあるのだ〜奪ったら後で全部、校内放送で公開 しちゃるぅ〜」ピンクのノートを出してきた奥西さんが堂々と脅してくる。 「ふはははっ!これでも抵抗したいわけ〜。都緒乃と穂耶紀が本気になったら 私でも止められないわよ」 「こんな馬鹿な脅しに乗る必要ないわっ!この町勝や公金先生を信じなさいっ!」 何かさっきよりも険悪なムードになってきてるよぉぉぉ〜〜どーしよぉぉーーー 「さあ、私たちは帰るわよ。悠子もさっさと逃げて帰ったしね」 「美紗里、薄情だよぉ〜内川さんだって、クラスメイトじゃないの」 「5組との揉め事に首を突っ込む気にはならないわ。他の子だって傍観してるでしょ」 確かにそうだけど..何かこういうのって無視できないのよぉぉーー 私の悪い性分だけど、仕方ないのよ。ここは仲裁に入るしかなく声をかけようと した時、別の方から違う声が聞こえてきたのだ。 「内川さんも5組の町勝さんもいい加減にしてくれないかなぁ〜はっきし言って 迷惑ってやつなんだよ」 「来崎..」「風紀委員の来崎さんね。ずい分と度胸がいいわね」 あまりのクラスの騒音ぶりに、クラスの風紀委員である来崎 凛(らいざき りん) さんが仲裁に入ってきた。 だけど、そんな来崎さんの周りに5組の女子が取り囲み、今度は彼女がターゲット にされてしまった感じだ。 「あたしは蘭や仁美のように力で解決したくないんだけどぉ〜まあ、そんな力も ないんだけどねぇ〜。あっははははっ〜」 「それは残念だね〜ご褒美に裸に剥いて吊るしてあげるわぁ〜♪」 「そうね。おっぱいとおま●こ、どっち先に出して欲しいかしら?」 「恥ずかしいこと言う連中だねぇ〜。こういう時にすっごい力があればめっさ 嬉しいけど、何にもないんだなぁ〜これがぁ」ぱさっ。パタパタ.. 綺麗な絵柄が入った扇子を広げて来崎さんが風を仰いできた。 危機的状況に陥っているというのに余裕の笑みを見せているけど、もしかして 蘭が助けてくれるのを期待しているのかしら? 蘭と来崎さんは小学校からの同級生みたいだし.. 「ずい分、余裕があるけど、あいつは助けないみたいだぜ。くくっ」 「ああ..蘭のことねぇ〜アレは使えないわぁ〜さあ、この非力なあたしを 剥いてみなさいなぁ〜」パタパタ.. 「ふざけやがってぇぇーー!みんな剥いちゃえ」 一斉に5組の女子が来崎さんを襲い、絶体絶命となったと思ったが、女子たち が来崎さんに触れた途端、全員身体ごとはじけ飛んでしまった。

「あはははははっ、よく飛んだねぇ〜
大丈夫かーいっ。さすが錬菜の痴漢
防止は効きすぎますなぁ〜」
5組の女子たちを見るとみんな身体を
痺れたような感じで床をのたまわって
いる。

隣にいる美紗里の解説によると痴漢
防止の電気にやられたらしいって..
「悪いねぇ〜最近物騒だから錬菜に
電気が服に流れるように作ってもら
ったんだなぁ〜。あたしは元々帯電
体質だから電気にはめっさ強いんで
ねぇ〜」
まだ手の方からバリバリしてるとこ
を見ると本当に電気には強いらしい。

けどけどぉ〜これってどういう仕掛け
なの〜。教えて〜美紗里ぃぃ〜。
何かどっかのTVヒーローみたいで
すごいんだけど〜〜。
「昔は雷撃の凛として、蘭といっしょ
にいろいろ馬鹿やってたみたいよ。
まあ、その電気仕掛けを作ったのは、
同じクラスのロボット・機械マニアの
波賀野 錬菜(はがの れんな)さん
のようだけど..」

「波賀野さんて、そんなこと出来るんだ..」 矢井中さんと同じぐらいにクラスの中で浮いている女子で、今時めずらしい牛乳 ビン眼鏡をかけて、ダブダブの制服で通学している女の子。 文系が全く苦手なせいでクラスの成績は中ぐらいだけど、理系に関しては美紗里 ですら敵わないほど優秀らしい。 工具を常に持ち歩いてるって聞いてたけど、本当にロボットや機械などが好きだ ったなんて.. しかし..矢井中さんといい、波賀野さんといい、私のクラスって意外と変わった 女子が多いのかも知れない.. それにしても、この先、どうなってしまうのよぉぉぉぉーーーーー (あ〜ん、何かだんだん険悪さが増してきてるよぉぉ〜〜。こうなったら男子に 止めに入ってもらった方がいいかもぉぉ〜) と思った私が教室内を見渡すと、男子たちが1人残らず逃げ出していたようだった。 「う・うそぉぉ〜男子はどこ行ったのよぉぉ〜」 「逃げたんじゃない?5組のお嬢と内川さんのオーラーが出てる中で居座れる男子 はこのクラスには居ないわ」 美紗里、解説ありがとう..確かに関係ない女子も次々と教室から出て行ってるし、 このクラスにいる人と言ったら.. 「煙を出してる蘭と端で傍観している波賀野さんぐらいね。あとは5組の女子ばかり といったとこね」 って、それってぇぇーーほとんどいないってことじゃないぃぃーー! 「だから帰ろうと言ったのよ。どうやら、来崎さんは周りにクラスメイトが居なく なったのを確認して割り込んできたようね」 「あははははっ〜あたしは蘭のように目立つのめっさ嫌なんでねぇ〜。出来れば 平和的な交渉でこの場を収めてくれれば嬉しいんだけどなぁ〜」ぱたぱた.. 扇子で風を仰ぎながら明るく言ってくる来崎さんだが、何か返って5組の反感を 買っているような気がする.. 「近寄れないことをいいことに、ずい分と余裕を見せてるわね。けど、要はその 仕掛けを解除させればいいってことよね?」 町勝さんの指示で今度は5組の女子が波賀野さんを取り囲んできた。 だが、このどさくさに紛れて何と内川さんたち3人が教室のドアに行っていて こう言ってきたのであった。 「馬鹿なあなたたち〜。私はあなたたちに構う暇などないわ。精々、愚民同士で 争っているがいいわぁ〜。あはははっ!」「さすがです。内川さま〜」「うむ」 そう言って、さっさと事の張本人が教室から逃げていってしまった。 ずるすぎるよぉぉぉぉーーー内川さんっ〜〜! 「どうやら私たちは無駄な貧乏くじを引かさせたようね..」「美紗里ぃぃ〜」 教室に残ったのは無関係の私と美紗里、さっきから何も出来ない蘭、そして来崎 さんと波賀野さんの5人しか居なかった。 もちろん、完全に逃げるタイミングを失ったようであり、教室のドアのとこは5組 の女子が立っていた。 「あんたらのせいで全てが台無しになったわ。その責任は身体で払ってもらうわ」 って私も入ってるのぉぉーーー。こういう時はどうしたらいいのぉぉ〜美紗里ぃ。 「ここは無駄な抵抗はしない方が良さそうね..悔しいけど我慢しましょう」 美紗里がそういうなら私もその言葉を信じるしかなく、素直に5組の女子たちに 身を任せることにした。 「ふふっ♪新宮さんも信谷さんもいい格好ね。後でお仲間が増えるから、しばらく 辛抱してね」 5組の女子たちによって全裸に剥かれた私と美紗里。何で私たちが最初にこんな目 に遭わないといけないのよぉぉぉーーー! 美紗里は裸にされたせいか少し錯乱してきたし..この先、どうなっちゃうのよ〜 しかし無抵抗の蘭には何もしないっていうのは何か納得できないような.. まあ、5組の女子も下手に刺激してはいけないことがわかってるのかも.. あとは来崎さんが何とかしてくれることを願うのだが、扇子で風を仰ぐだけで何 もしてこない感じであった。 「ふふ、来崎さんも観念したようかしら?今すぐ、そのくだらない仕掛けをこい つから聞き出してあげるからね」 「錬菜ぁ〜無理はしないでいいわよぉ〜」「あいっ。大人しくしますから許して くださーい」 何か矢井中さんと違って、波賀野さんは腰が低くてちまちました姿で5組の女子 たちに許しを請いてきた。 お尻のところにつけている自家製の尻尾のアクセサリーをパタパタさせながら、 媚びてくる波賀野さんに5組の女子たちが手を出せなくなっている。 そういや..波賀野さんって変に可愛いとこがあるので誰もいじめられない女子 だったわ。 だが、町勝さんにはそんな波賀野さんの技が通じないみたいであった。 「私、子犬とか子猫が大嫌いなのっ!誰にでも通じると思ったら大間違いね! 本当に無抵抗を示すなら、おっぱいでも出しなさいっ!ふはははっ」 「くぅ〜ん。おっぱいでも何でも出しますから許してくださーい」 そう言って本当にダブダブの上着を脱いでいく波賀野さんだが、意外なところ に皆の表情が驚いた。 何とダブダブの制服でわからなかったが意外におっぱいが大きい.. クラスで一番背が小さいのに胸のサイズは反比例してる感じだよぉぉ〜 すごく反則的な感じに何て言ったらいいのぉぉ〜ねぇ?美紗里.. ああぁっ!美紗里が変な煙を出して意識を失いかけてるよぉぉぉーー 頼りにしてる美紗里までが、グロッキーになってどうしたらいいのよっ。 完全に5組の女子たちの言うがままにされてる私たちに明日があるの? けど、この後で私が思う以上の展開になろうとしていたのであった。


第56話へ