第56話「暴走する少女」


あ〜ん、周兄さん。どうして、こう立て続けにトラブルが起こるか教え てくださいぃぃーーー。 ついこないだに矢井中さんと内川さんたちの対立があったばかりだと 言うのに、今度は5組の女子たちとの揉め事に巻き込まれるなんてぇー それも、愛賀さんや矢井中さんのような力もない女子ばかりがいる状況 でどうしたらいいのよぉぉぉーーー。 もしかしたら、波賀野さんが矢井中さんみたいに5組の女子を次々と倒す のかなと期待もあったのだが、素直に媚びるだけで何も出来ない感じだ。 すでにおっぱいを出した上にスカートまで渡して、服従している気がする。 私や美紗里もとっくに全裸にされて無抵抗となってるから、後は蘭ちゃん と来崎さんだけど、試験疲れで煙を出してる蘭ちゃんには何も期待できな いかも.. 来崎さんは相変わらず、扇子で風を仰いでいて、何をしたいのか良くわか らないし、大体この状況でまだ余裕を見せているんですけどぉ〜 「おおっ〜、みんな恥ずかしい姿にされちゃったねぇ〜。私は人前で肌を 晒すのは嫌だから、ご勘弁願いたいかもぉ〜あははははっ」 「ずい分と余裕を見せてるわね〜。電気で近寄れないからっていい気に なるんじゃないわよ」 「あははははっ。別にそんなつもりじゃないんだけどなぁ〜。そうだっ。 さっきから、あんたらが躍起になってる電気の仕掛け教えようか?」 「なっ?ど・どういう意味よ」「深い意味はないわよぉ〜。ただコレに いつまでも気づかないから教えてあげたっかたのぉ〜」 そう言って服に付いてた延長コードを見せ付けてきた来崎さん。 って、教室のコンセントから普通に電気を取っていただけなのぉぉ〜!? 「ふふっ、素直に教えるってことは観念したようね。誰かあれを抜いて きなさい」 町勝さんの指示でコンセントに向かう5組の女子たちに波賀野さんが意外な 言葉を出してきた。 「それに触れると感電しますです..絶縁被ふくをわざと取っているから、 凛しか抜けないのです..くぅ〜ん」 「ありゃぁ〜。駄目じゃないっ、錬菜っ。せっかくの一発逆転の手をばらし ちゃ〜あははははっ」「あい〜ごめんなさい」 来崎さんの手をあっさりばらす波賀野さんには驚いたが、明るく笑いながら 周到な罠を仕掛けていた来崎さんも怖いんだけど.. 「波賀野さん、感謝するわ。あなたは裸で晒すだけで許してあげるわ」 「あーい。ありがとうです〜」「あ・あのぉ〜私たちは..」 「あらっ、新宮さんたちはこの後、裸で校内を引きずりまわすことが決まっ てるわよ♪」 そんなあっさりと卑猥なことを言わないでぇぇぇーー。裸で引きずり回すな んてみんなに見られちゃうよぉぉぉーーー。美紗里も何とか言ってよぉぉーー。 あああっ!美紗里の錯乱度が増しておかしくなってるぅぅーー! こうなったら、本当に来崎さんが頼りなんだが、急に倒れこんでしまったのだ。 「あははははっ..電気ため過ぎたねぇ〜。火照りすぎてたまらないねぇ〜」 もしかして..扇子を仰いでたのは火照っていた身体を我慢してたってこと? 電気で感じてるなんて..何か危ない世界の人のような気がする.. けど、これってもう誰も助けが入らないってことぉぉぉーーー!すでに私の首に 5組の女子が首輪をつけてるしぃぃーー。大体、どうして首輪なんて持ち歩いて いるのよぉぉぉぉーー! 「さて、新宮さん。散歩のお時間よ♪せめてもの情けで目以外の部分は隠して あげるわ」 ちょっとちょっとぉぉーー!何で私が最初の被害者なのよぉぉぉぉーー! 目以外の部分を隠すっていっても、自分の教室から裸で出されるんだからバレ バレよぉぉ〜 もう5組の女子たちが私を4つんばいにして散歩にいく準備に入っているし、 このままじゃ全裸デビューしてしまうよぉぉぉ〜〜〜〜 「町勝さま、新宮をどこまで散歩させますか?」 「そうね〜逃げた内川への見せしめとして、校内一周ってとこかしら?」 校内一周だなんてぇぇぇーーー。まだそんなすごい露出したことなんてないのにぃーー もう明日から学校に恥ずかしくて来れないかもぉぉぉぉーー いつの間にか一番の絶体絶命の状況にされてる中、こんな私を助けてくれる人 は誰もいなくなっていた。 周兄さん、沙智菜はこれから全生徒の晒し者になっていきます..ごめんなさい.. ただ、乳首がピンと硬くなって、おま●こが濡れてきているのが恥ずかしいよ〜 絶対、ぜったーい嫌なのに、身体は正直に喜んでるなんて..(私の馬鹿ばかっ) 教室のドアが少し開き、いよいよ首輪を引っ張られて廊下に出されようとした時、 倒れていた来崎さんが声をかけてきた。 「新宮さんは無関係だよぉぉ〜。裸で散歩させるなら、あたしを剥きなぁ〜。 錬菜ならいくらでもコンセントを抜く方法があるからねぇ〜。あははっ..」 「いい心がけね。なるほど、確かに機械好きの波賀野さんなら、そういうことが 出来そうね♪さあ、波賀野さん。コンセントを抜きなさい」 「あう〜それはお断りしますです。感電したくないのです」 首を大きく振って、今日初めての抵抗を見せた波賀野さん。 だが、この小さな抵抗に町勝さんが頭にきたらしく、思い切り罵声を浴びせて きたのだ。 「へぇー。この私に抵抗するつもりかしら?パンティー1枚だけの姿で許そうと 思ったけど、あなたもすっぽんぽんにしないと駄目みたいね」 「あい〜。脱ぎますので許してください」ぬぎぬぎ 「そこまで服従するなら、さっさとコンセント抜きなっ!」 「あうあう〜それはだめです..」 「このチビッ!いい加減にしなっ!」町勝さんが波賀野さんの言葉に鬼の形相 を見せた。 5組の女子たちがその形相に怯える中、今まで笑顔でいた来崎さんまでも怖がり はじめた。 「ああぁぁぁっ!馬鹿馬鹿ばかぁっ!町勝っ!あんた、何血迷ったこと言うん だよっ!」 あれっ?何故か来崎さんが鬼の形相の町勝さんに文句を言ってきたの? 血迷ったことって何なの?一体、町勝さんが何を言ったっていうの? 5組の女子たちも来崎さんの言葉に疑問を感じてる中、どこからともなく重低音 の声が響いてくる。 「チビって言ったなぁぁぁ〜誰がウルトラのどちびだぁぁぁぁぁっ!」 「錬菜ぁぁーー、そこまで言ってないってぇぇーー!落ち着いてぇぇぇーー」 今までひたすら服従していた波賀野さんが完全にぶち切れてしまったようで、 鬼の形相の町勝さんの比ではない変わりようであった。 「何なのよ。チビにチビっていって何が悪いのよっ!今さら抵抗したって無駄 無駄無駄ぁぁ」 「そう..なら見せてあげるわ。私の力を」パァァァァーーンンッ! 波賀野さんがパァーンという大きなかしわ手を打ってくると、教室にあるいろ んな物が勝手に動き出したり、ロッカーや用具入れから、いろんなものがバシュ バシュという音を立てて飛んできた。 「教室立てこもり犯人退治システム、撲滅くん作動ぉぉぉーーー」 ちょっと待ってぇぇーー!何よ、その教室立てこもり犯人退治用システムってぇぇぇーーー! 勝手にそんな危険なものを設置していたのぉぉぉーーーーー! 大体、教室に立てこもる犯人なんて、レアすぎるケースでしょぉぉぉーーー。 5組の女子たちが次々と波賀野さんの仕掛けでやられている中、何人かは慌てて 教室を飛び出して逃げていく。 だが、そんな逃げていく女子たちに対して、いつの間にかダブダブの服を着替えた 波賀野さんが廊下に出て、床に向かってパァーンとかしわ手を打つ。 「校内下着ドロ退治システム、捕縛くん作動ぉぉぉーーー」 廊下の方で逃げた女子たちの悲鳴がこだまする。って言うのか、廊下にまで設置 していたってことぉぉ〜〜 完全に形勢逆転となった状況だけど、波賀野さんって私たちのことなんて考えて ないよぉぉっ。 もしかすると矢井中さん以上に危険な子かも知れないよぉぉぉ〜〜。 誰かこの訳のわからない状況を何とかしてぇぇぇーーーーー! 私たちが波賀野さんの装置で慌てている中、その様子を遠くから双眼鏡で覗いて いる3人の姿があった。 それはさっさと逃げた張本人である内川さんたちであり、奥西さんが双眼鏡で 様子を伺っていたみたいだ。 「内川さま。どうやら、錬々(錬菜)が暴走したみたいですね。町勝が慌てて ますよ」 「あははははっ。愚民の分際でくだらない野心を起こすからこうなるのよぉぉ ぉーー!この私のクラスは一筋縄でいかない馬鹿どもが多いのよぉぉぉー!」 「しかし、あんなにいろいろ仕掛けていたとは、この穂耶ちゃんも想定外です」 「まったく..学校はからくり屋敷じゃないのよ。あの腐女子なみに要注意っ てことね」「要注意がどんどん増えていきますね..内川さま」 ボカボカボカッ。「な・何するんですかぁ〜内川さまぁ」 「余計なことは言わなくていいっ..さ・さぁ、明日の試験勉強をするわよっ」 そう言って嫌がる2人を無理やり引っ張って内川さんたちが帰っていった。 内川さんたちが勝手に帰る中、教室の中は完全に散乱としており、みんな波賀野 さんの装置でグロッキーとなっていた。 ただ町勝さんだけが、ますます鬼の形相となっていき、まるで羅刹のようなすご い顔をして立っていた。 そして、それを見た5組の女子たちがみんな震え出してきた。 「あんたっ、どうなっても知らないわよっ!町勝さんが本気になったら、死ん じゃうわよ」 ちょっと何よ。その危険な発言はぁぁ〜。町勝さんもキレると怖い人ってこと? 「波賀野!あんた逃げなさいっ!町勝さんは角東さん並に強いのよっ!」 5組の女子が波賀野さんに逃げるように言ってくる。ここまで言うってことは 町勝さんって相当、強いってことなの..確かにそれってやばいかも。 「逃げようなんて無駄な足掻きはやめた方がいいわよ」コキコキ..ボキボキ.. 手や首の関節を鳴らしながら忠告する町勝さんに、そんな言葉に怖気付かない 波賀野さん。 「それはこっちの台詞です..」 「そう、なら何本骨を折っていいかリクエストしなさいっ」「物騒な女です..」 うわぁぁぁぁっっ!いくら波賀野さんが機械マニアでも勝ち目ないよぉぉ〜。 これって、どう見ても町勝さんの方が強すぎるじゃないぃぃぃ〜! 「大丈夫だよ。力任せじゃ錬々(錬菜)に勝てないよ」「蘭、起きたの?」 ようやく蘭が起きてきたようで、倒れていた来崎さんを背中に背負ってきたのであった。 「さっちん。ほら、2人の服だ。美紗里をさっさと起こして、ここから逃げるぜ」 「でも蘭..波賀野さんをそのままにしておくの?」 「ぶち切れた錬々の力はあたしがよく知っているからな。おそらく指一本すらも 錬々に触れることなんて出来ないな」「あはははっ..錬菜は手加減知らずだし ねぇ〜」 蘭と来崎さんの真剣な顔を見てると信じてしまうのだが、町勝さんって角東さん 同等の力があるんだよ..一体、どうやって対抗するの? 私が不安に思う中、町勝さんが波賀野さんに襲い掛かってくる。そんな町勝さん を目の前にして再び、大きなかしわ手を打ってきた。 「ジャングル用アマゾネス撃退システム、にょろにょろくん作動ぉぉぉーーー」 ちょっと何よぉぉ〜そのあり得ないシチュエーションでのシステムはぁぁぁーーー! この日本のどこにジャングルがあって、アマゾネスが居るわけぇぇぇぇーーー! 波賀野さんのダブダブの服から無数の蛇のようなものが現れて、町勝さんを縛 っていく。まるでどっかの特撮ものを見ている光景であった。 「いやぁぁぁぁぁーー何なのぉぉーーー。この蛇みたいのはぁぁぁーーー!」 「屈強のアマゾネスや自白をしない女スパイを徹底的にイかすシステムです。 さあ、何回失神したいかリクエストしなさい」 「いやぁぁぁぁぁっ!あんたたち助けなさいっ!」 町勝さんが5組の女子たちに助けを求めたが、みんな慌てて逃げていった。 そういえば、あのお嬢はどこいったの?いつの間にかいないけど.. 「はぁはぁ..内川さんが逃げた時に、一緒に逃げていったわ」「美紗里っ」 ようやく錯乱が収まってきた美紗里が服を着替えながら解説してきた。 「どうやら..いろいろ決着がついたみたいね..アレは別として..」 「そ・そうね..」 波賀野さんの方から町勝さんの激しい喘ぎ声が聞こえており、いやらしい愛液 の音も響いていた。 この後は私たちも波賀野さんと町勝さんの2人をそのままにして、帰ることに してしまった。 ただ、ぐしゃぐしゃになった教室のことが気がかりだったんだけど、翌日には すっかり元通りの状態になっていたから驚きである。 (ちょっと不安なのはあちこちに不自然なネジを取り付けてるとこがあるん だけど..) まあ、5組の女子たちもあっさりと元の鞘におさまって、内川さんの後にくっ ついるし、一応万事解決ってことなのかしら。周兄さん。 *****沙智菜の勝手なイメージ*****************   「矢井中さんにつづいてのすごい子の登場だったね」   「しかし、沙智菜の校内散歩を見れなかったのは残念だな」   「沙智菜自身も残念に思っているんじゃないのか..」 ******************************** う〜ん、もうちょっと正体が分からない風にしてくれればいいのかも.. って、違いますっ。いくら何でも校内での全裸散歩は恥ずかしすぎますっ! でも、ちゃっかりオナニーの時の妄想では校庭まで散歩されてしまいました♪ <おまけ♪> 「お嬢に町勝..よく平気でこの私の前にのこのこと顔を出せるわね」 「いやですわぁ〜内川さま。あれはちょっとした出来心なんですからぁ」 「そうですよ。今回はこれに免じて、どうか内川さまの広いお心で愚民の悪戯 としてお許しください〜」 そう言って1個千円をもする最高級もなか10個入りを差し出すお嬢と町勝。 こほんっ「まあ..もなかぐらいでつられる私じゃないけど..愚民の戯言に 本気で腹を立てるほど心は狭くないわ」 「わかってます。内川さま。これはただのお土産ということで収めてください」 「内川さまの心の寛大さに感謝しています」 「そ・そうね、お土産だし..もなかは私の大好物だから、もらっておくわ」 こうして再びお嬢と町勝を許してしまう内川さまであった。


第57話へ