第51話「恥ずかしい入浴」


周兄さん、お母さんにはめられて最大のピンチを迎えてしまった沙智菜です。 目の前に居るのは裸の周兄さん..そして今の私も素っ裸.. このままだと周兄さんに全て見られてしまいそうです。 ああ〜ん、周兄さんにもまだ見せたことのない場所を見られるなんて.. ……って、今回は周兄さんに見られるのよね..というとこれはOK? じゃなぁぁぁいぃ!こんなのはまだまだ早いのよぉぉぉ! だってだって..まだ周兄さんとはキスだって..それに..それ以上も.. 「周くん〜、子供の名前は私に決めさせてね〜♪」 ドンドンドンッ!「何、馬鹿なこと言ってるのよっ!早く開けてぇぇぇー」 「そんなに叩くと壊れちゃうじゃない。いいじゃないの、小学生のみたいに 背中でも流してもらいなさい♪」 「私は高校生よぉぉーー!小学生のときとはいろんなとこが違うのよぉぉぉーー」 「さぁて〜沙智菜ちゃんが居ない間に私はつまみ食いを再開しなくちゃね♪」 「ちょっと待ってまってぇぇーー」「つまみぐい♪つまみぐい♪」 全裸の娘を風呂場に放り込んだ母親は鼻歌を歌いながら風呂場から去っていって しまった。 で、残されたのは風呂場に閉じ込められた素っ裸の男女.. 私も非常に困るけど、周兄さんはもっと困っているような気がするよぉぉ〜。 何せ、裸の女子高生を風呂場に放り込まれたら目のやり場にも困ってしまうだろう。 きっと目を必死につぶって我慢しているのかも知れない。 周兄さん..ごめんなさい。大馬鹿な母親を持ってしまって.. そういろいろと自分の中で思っている中、少しため息に近いものをはきながら 周兄さんが意外な言葉を出してきたのだ。 「早知華ねえの悪ふざけは相変わらずだな..娘でも平気で使うってことか..」 「周兄さん..」私がその言葉にちょっとだけ振り向くと意外にもしっかりと こっちを見ていた。 (ええぇぇっ!目をつぶってないよぉぉぉぉーー!もしかして、ずっとお尻を 見ていたってこと) 大胆な周兄さんの行動に動揺を始める私。 普通なら、視線ぐらい外したっていいじゃない..真面目な周兄さんならここは 目をつぶるとこなのにぃぃーーー! 「沙智菜、早知華ねえのことだから、しばらくそのドアは開けないから諦めた方 がいいな」 (えっ?えっ?それって、どういう意味?諦めるって..私を..私を..)ぼっ! 周兄さんの言葉でどんどんと顔が真っ赤になっていく私。 もしかして周兄さんってエッチだったのかしら..とするとこのままこのままぁ このままぁぁぁぁ! ばんばんばんっ!意味もなくガラスの戸を叩いてしまう。それぐらい動揺してきた。 「沙智菜も落ち着いたらどうだ?俺は別に何もするわけじゃないから安心しても いいよ」すごく落ち着いた声で話してくる周兄さんの言葉にちょっとがっくりして しまう。 早い話、私では興奮しないっていう感じに捉えられるからだ。 でも、これでもおっぱいも身体のラインもいい感じいってるけど..もしかして、 やせ我慢とか? ここは恥ずかしいけど、聞いてみちゃおうかな..もうすでに恥ずかしい姿だし.. 「ねえ..周兄さん..私の裸を見ても変なことしない?」「う〜ん、まあそこ そこ成長はしてるようだが俺は平気かもな」 「そ・そうなんだ..(がぁぁぁぁぁぁーーんん)」 うそっ..もしかしてまだ私、子供扱い?いや、こんなおっぱいをしてる小学生 なんて居るわけないし、まだ後ろ姿だから余裕なのかも。 (けど..振り向けない..そんな勇気出せないよぉぉぉぉーーー) さっきから、ずっとガラスの方に身体を向けて立っている私。 やはり、このままお母さんが開けるまでこの姿で耐えるしかないかもぉぉぉ〜(ぐすんっ) そんな情けない私に周兄さんの方から、とんでもない言葉が出てきたのだ。 「そういえば沙智菜はいつまで、そうやって立ち尽くす気なんだ?」 「だってぇぇ〜やっぱり恥ずかしいじゃない〜おっぱいだって、小学生の頃とは 違うもん」「まあ、入ってきたときに見た感じでは大きくなってたな」「へっ..」 (うそぉぉ〜〜周兄さんったら、しっかりとおっぱいを見てるのぉぉぉーーー? ・・・っていうとまさか..まさか下までもぉぉぉぉーーー) 「あ・あ・あ・あの..周兄さん..下は見てないよね..ねっ?ねっ?」 「ああ、下か..そういや下は相変わらず成長してなかったな..まだ生えて なかったんだな」 カチンッ..「は・生えてるわよっ!!ほらっ!薄い毛だけどちゃんと生えて るでしょ!」 この時の私は周兄さんの言葉に少し頭に来たせいか、何と自分から振り向いて 周兄さんの方へ近づいていって、おま●こを見せ付けてしまった。 「..確かに生えてるな。けどこれじゃ遠目じゃわからないな」 「でも生えてるでしょ!」「そうだな..生えてるのはわかったが、大事な とこを男の顔の前に突き出すのは不味いと思うぞ」 「あっ・・ああぁぁ..」周兄さんに指摘されて自分がすごい事をしてること に気付く。何と大胆にも周兄さんの眼前に自分のおま●こを見せ付けていた。 一瞬にして全身から汗が流れ始め、もうどうしていいかわからなくなってきた。 (ど・ど・ど・どーしよぉぉ〜周兄さんにお・お・おま●こ見せ付けるよぉぉぉ〜) すぐにでも隠したい心境なのに、あまりの恥ずかしさからか金縛りにあったかの ように身体が思うように動いてくれない。 でも、このままおま●こを晒すわけにもいかないし、周兄さんも何故か視線を 外してくれないし〜どうすればいいのぉぉぉーーー! どんどんと身体が火照っていく中、またもや周兄さんが私が考えもつかない事 をしてきたのであった。 「ところで沙智菜..いつまでこうしてるつもりなんだ?」 「ぅぅぅ..何か身体がいうことぉ..効かないんだもん..」 「まったく、仕方のない奴だな」トンッ。 ビクゥゥゥーーーーンッッ!!周兄さんが指で軽く私の身体をタッチすると、 すごい快感が身体の中を駆け巡り、力が抜けたようにその場で座り込んでしまった。 もちろん、ツボを押されたわけでもないし、周兄さんがお母さんのような技を 使えるわけではないのだが、完全に身体の力が抜けた状態になっていた。 そう、実は周兄さんが指で軽く突付いたとこは、信じられないことに私のクリ トリスであり、偶然なのか?故意的なのかを考えると何が何だがわからなく なってくる。 (うそうそぉぉ〜周兄さんがわざとクリトリスを付くわけないけど..わざと だとしたら、私どうしたらいいのよぉぉぉーーー) 周兄さんのおかしな行動に不安に覚えていく私だけど、1つだけ確実に言える ことは、すでに脱力してしまって身体が動かないということだった。 つまり、もう完全に周兄さんの思うがままになっており、後は周兄さんの好き な風に弄れるということだろう。 (はぁぁぅ〜周兄さんって意外にエッチなのかもぉぉ〜もう全部あげてもいい かもぉ〜) 快感が高まっていく内に私の不安は完全に消えてしまい、とろりとした恍惚 の表情を見せ始めている。 そんな私の様子を見て、ついに周兄さんが湯船の中から出ようとしたのだ。 「そのままじゃ身体も冷えるから、久々に背中でも流してやるよ」ジャバァァーー そういって私の正面の方へ堂々と湯船から出てしまった周兄さん。 当然ながらタオルなど着けていないので、周兄さんの..周兄さんの.. 周兄さんのぉぉアレがアレがぁぁぁ〜目の前に見えちゃってるよぉぉぉーー (きゃぁぁぁぁぁっ〜〜周兄さんの見ちゃったよぉぉぉーーでもでもでもぉぉぉーーー) イケナイ事だとわかりながらも、左右にぶらんぶらん揺れる周兄さんの大事 なとこをじっと見てしまったのだが、ぶらんぶらんしてることにショックを 覚えてしまった。 (あれっ?もしかして..もしかしてこのぶらんぶらん状態って..勃って ないってことよね..そんなぁっ..) そう、簡単に言えば興奮しているのは私だけで周兄さんはまだ平然とした 様子であった。 そんな周兄さんが自分の股間を見ている私の方を見て、余裕のある言葉を 出してくるぐらいだから全然興奮してないのだろう。 「沙智菜、俺の方はあの頃とそんなに変わってないぞ。まあ、さすがの俺でも あまり見られると大きくはなるかも知れないがな」 (うあぁぁぁ〜何か平然とすごい事言ってきてるよぉぉぉーー、もう頭が混乱 してきそうだよぉぉぉーーー) 正直、何が何だがわからなくなってきている私だが、そんな私の身体を周兄 さんがひょいと抱えて、とんでもない事に自分の膝の上に座らせてきたのだ。 「昔はよくこうやって洗ってやったよな〜」 周兄さんが明るい顔を見せて話してきたんだけど、大胆なことをしている事 に気付いてないのぉぉぉぉーー! 小さいころは周兄さんの閉じた膝の上で足をバタバタしていたけど、今は そんなことは出来ず、周兄さんの閉じた膝をまたぐ形で座るしかない。 つまりはおま●こを開いて座っているようなものであり、さらには膝の上 に乗ると言う事は私のお尻の下には..ううん、私のおま●このすぐ近く には周兄さんの大事なとこがあるってことなのよぉぉー。 現に自分の股間の間から周兄さんの大事なとこの先っこが見えており、その 大事なとこに向けて私の..私の..あ・愛液が周兄さんの膝を通って垂れ 続けているのだ。 (周兄さんは気付いているのかしら..いや、その前に気付いて欲しくない よぉぉーー) もう私の身体は湯気が出るんじゃないかと言うぐらい、全身真っ赤となっていた。 そんな私に周兄さんは何かに気付いたように言葉を出してきた。 「う〜ん、よく考えてみたら..」 ドキィィィーーンン(周兄さん、何を言うつもり!?) 「これじゃ昔のように背中は洗えないな..沙智菜、結構背が高くなったんだな」 「えっ..そ・そうね..」 「よく見ると、おっぱいも結構大きくなったんだな。これじゃ不味いことしてる みたいだな」 「そ・そ・そうだね..」 「さっきは子供扱いして悪かったな。こんな立派なおっぱいを持ってるんだから、 もう沙智菜も大人なんだな」「周兄さん..」 さっきの言葉を訂正して謝ってきたことには嬉しいけど、何故おっぱいを揉んで んの?結構上手いかもぉぉ〜って言ってる場合でもないし.. これは注意した方がいいのかな..もう頭がこんがらがっちゃうぅぅーーー もしかすると、このまま本当にイケナイ行為をしてくるのかな.. お母さんにはめられたのが悔しいけど、これでいいのかも知れない。 「沙智菜もおっぱいを揉まれて感じる年になったんだな・・・」 「はぁはぁ..ああぁぁっ..」 (もう・・・どうなってもいいかもぉぉぉ〜) 私が完全に周兄さんに身を委ねようとした時、周兄さんが少しおかしな事をいい 始めた。 「う〜ん..やはり共謀じゃないみたいだな..悪かったな。沙智菜」 (えっ?共謀って?ど・どういうこと?) 突然謝ってきた周兄さんが、私のおっぱいを揉むのをやまて大声でこう言って きた。 「そろそろ現れたらどうだ?早知華ねえ。最初からこっそり隠れてるのは分か ってるぜ」 (えっ?お母さんが近くにいるのっ?そんなはずはない..つまみ食いに行った はずよね) 「早知華ねえ..黙っていても無駄だよ。もう沙智菜も逆上せ気味だから開けて くれないか」 (うそよね..お母さんがいるわけないよね..) 「早知華ねえ!」 「・・・・・・・・・・どうして..わかったの?」お母さんが小声で話してきた。 「こういう悪ふざけをして見逃す早知華ねえじゃないだろ?昔からいつもそうじゃ ないのか」 「はぁぁ〜鋭いわね..まあ、料理も冷めるからここまでにしますか」 そう言ってようやくガラス戸が開いたのだが、まだお母さんのイタズラは終わって なかった。 ガラガラガラ..「お・お母さんっ!!」 「はぁぁ〜早知華ねえ..そこまでやるか普通..」 私たちの前に現れたお母さんは何故か全裸姿となっており、そのまま私たちの前 を横切って普通に風呂に浸かってきた。 一体、母親まで裸でお風呂で入ってきてどうするつもりなのよぉぉぉ〜〜 何だが事態が余計におかしくなってきた感じなのであった。


第52話へ