第59話「コラボレーション」


今回、すごい場面に遭遇してしまった私です。 学校の帰りに頼まれていた買い物をするため、少し遠い所に買いに 行って電車で家に帰る途中の事でした。 「ああぁ..かなり遅くなっちゃったなぁぁ..」 もう外の方は、かなり暗くなっており、家に着くのが夜になると 言うのに、あるハプニングが起こったんです。 <ただいま、○×駅で車両故障が発生したため、お急ぎの方は振替 輸送を利用してください> 途中の駅のところで車内に響く車両故障のアナウンス。 「振替輸送って言ったって、この辺の近くじゃローカル線しかない じゃないの..」 そう、上手い具合に他の電車で帰ることが出来るのだが、その電車 は普段、学生しか使ってないローカル線であった。 おそらく、こんな時間だと誰も乗っておらず、夜が近い中で1人で 乗るのはちょっと怖い気がする。 それに車内の乗客を見ると、みんな復旧を待っており、誰もローカル 線で振替輸送をする人などいない感じである。 (そうよね..振替輸送だと遠回りだし、あっちも止まってしまう 可能性もあるしね..) けど、このまま復旧しないとなると晩ご飯にも間に合わないほど 遅くなってしまうので、ここは一か八かローカル線にかけてみる 事にしました。 そう、この選択がとんでもない羞恥に巻き込まれる選択だったのです。 (とりあえず、誰も乗ってない車両の方が安心かも...) 振替輸送のアナウンスが流れていたにも関わらず、ローカル線の駅 のホームは人が全然居なく、一番人が乗りそうにない場所を選んで 電車が来るのを待つ事にしました。 「あっ..来た。こんなに早く来るなんて..」 意外にも電車はすぐに来て、どの車両もほとんど人が乗ってない 感じでした。 (うわぁぁ、やっぱり、この時間だからガラガラだわ) 見た感じ、誰もいないと思った車両に入り、席に座ったのですが、 席に座ると実は人が乗っていたらしく、それもとんでもない人が 乗っていたんです。 一番目立たない端の3人席に女子高生らしき女の子が1人で座って いたのですが、その子が凄い格好をしていました。 (ええぇぇっ〜〜!何でスカートを脱いでいるのぉぉぉぉ〜) よく見てみるとスカートを外し、床に落とした状態で乗っており、 更には目隠しまでしている危ない姿であった。 (一体..何をしてるんだろ..あの目隠しって誰かにされたって ことなのかな?) 誰かに目隠しをされて脱がされたのなら、助けなければいけない。 とりあえず、見張ってる人の気配がないかを確認しながら、音を 消しながら近づいてみました。 すると、脱いでいたのはスカートだけではなく、ショーツも着けて いないおま●こ丸出しのノーパンだったのです。 (うそぉぉっ..これってどういうこと..もしかしてこれってぇぇ..) 近づいて見てみると、どうやら下半身丸出しの女子高生は起きて いるみたいで、荒い息を出しながら興奮していた。 それも、おま●この方からは愛液が垂れており、簡単に言えば 誰もいない車両の中で露出行為をしていたのであった。 (目隠し露出プレイって..すごいことしてるよぉぉぉ〜〜) 目隠しをしながら露出行為を愉しんでいる女子高生に会うなんて 初めてかも知れない。 何故、女子高生と断定できるのかというと、彼女が着ている制服 はちょっと遠い高校であるものを知っていたからだ。 まあ、それよりもこの場をどうすればいいのだろうか.. 彼女が気づく前に次の駅で降りて違う車両に乗るか..そのまま しばらくここで様子を見るか.. 正直、同じ性癖を持つものとしては、この状況を少し見てみたい のだけど、彼女が目隠しを取ったらきっと驚いてしまうだろう。 もしそのまま驚いて逃げられたら、彼女にとっては大きいトラウマ となってしまうかも知れない。 (私だったら怖くて、いろいろ悩んじゃうかも..) やはり、ここは無難に気づかないフリをして車両を乗り換えた方 がいいのだろうか.. けど、彼女の淫らな行為を見てみると身体の力が抜けてしまい、 なかなか立ち上がることが出来ない。 (ああぁぁ..何かすごく気持ちよさそうだよぉぉぉぉ〜〜) どちらにしても、この電車が次の駅に付くまでいくつかの通過駅 を過ぎるので着くまで時間が長いであろう。 (いくら目隠ししているからって、その内気づかれちゃうよぉぉ.. どうしよう) おそらく自分だったら、少し気が落ち着いたところで1回、外の 様子を確認するはずであり、その時に確実に見つかってしまうだろう。 (ああぁぁぁっっ!このままじゃ、修羅場だよぉぉぉ〜) いい考えが思いつかないまま、彼女の濡れてる股間をずっと見て いた私。 そんな股間をもっと見たい衝動から、気づくと音を消しながら 彼女の正面の席まで近づいて座っている自分の姿があったのだ。 (うあぁぁぁぁっ!こんなに近づいてどうするのよぉぉぉ〜〜 私の馬鹿ぁぁぁ〜) 快感が高まっている今は気づく事はないけど、確実に見つかるのは 間違いない。 見つかったら何て言い訳をしたらいいんだろうか.. けど、そんな事を考えてる割には自分の股もはしたなく大きく開いて いた。 (ああぁ〜ん〜あんなのを見せられたから、すごく濡れてるぅぅぅ) もう、正面の席まで座っていた以上、自分が彼女の場合で一番逃げ ない方法を取るしかない。 そう、自分もスカートとショーツを脱いで同じ格好になるしかない。 どちらにしても、彼女の恥ずかしい行為のせいで、私自身も大胆に なってきているからであった。 目隠しをしている彼女の前でスカートとショーツを脱いで下半身を 丸出しにする私。 濡れているおま●こが向かい合わせる形となり、露出の疼きがどんどん 高まっていく感じであった。 私が脱いで興奮している中、目隠しの彼女が上着を捲っておっぱいを 出してきた。 (ええぇぇ〜〜おっぱいも出しちゃうのぉぉぉぉ〜) 彼女の恥ずかしい行動に私の身体がどんどん疼いてきてしまう。 ここまで疼いてしまうと、自分もおっぱいを出さないと気がすまない.. (相手もおっぱい出してるんだから、いいよね..) もう、相手の恥ずかしい行為が、そのまま受身となっている気がして、 このままじゃ、きっと上着を捲っておっぱいを出してしまうだろう。 イケナイ行為とわかりながら、次の駅につくまで彼女との恥ずかしい コラボレーションが始まろうとしていたのであった。 (ぁぁ..おっぱいを出しちゃったよぉぉぉ〜〜) 結局、相手のおっぱいに惹かれるかのように上着を捲っておっぱいを 出してしまった私。 相手の乳首も私の乳首もお互いに硬く起立しているとこを見ると相当 この行為に興奮してるのかも知れない。 考えてみると公然の場で恥部を出し合って見せてる私たちは凄く危ない ことをしているよぉぉぉ〜。 (すごい..私の裸を見てすごく濡れてるよぉぉぉ〜) 相手のおま●こから大量に溢れてくる愛液を見ると、こっちのおま●こ からも愛液が溢れ出してくる。 これだけ濡れてくると手で弄りたくなるほど身体が疼いてくる。 おそらく相手の子も同じぐらい疼いているみたいで、どちらかが手を おま●こに当ててばオナニー合戦がが始まるだろう。 (そんな恥ずかしい展開は避けたいよぉぉぉ〜〜) でも、相手の子の手がどんどんとおま●この方へ伸びていってること から私もその手につられてオナニーをしてしまいそう.. だんだんと理性が無くなり始めた私だが、ふと耳の方に人の声らしき ものが聞こえ、隣の車両を見ると誰かがこっちに向かってきているの が見えた。 (うそぉぉぉ〜誰かがこっちに来てるよぉぉぉ〜こんな女子高生2人 の淫らな姿を見たら襲ってきそうだよぉぉぉ〜) このままだと確実に見つかってしまうので、とりあえず彼女を連れて 連結部のとこに隠れる事にした。 私が抱きついた時に相手の子が驚いたとこを見ると、どうやら危機が 迫っている事に気付いてないのだろう。 (アイマスクをしてるから、何か変な勘違いをしていそうだよぉぉ〜) きっと私が我慢できなくなって何かをしてくると思っていそう.. 現に私に向かってそれらしいことを言ってきた。 「わ・私..レズじゃないので..」 いや、露出の気はあるけど、私もそういう性癖は持ってないんですが.. 「静かにして..誰かこの車両に乗ってきたみたいなの」 「えっ!?」 こっそり窓から様子を伺うと、隣の車両から来たのは髪の毛を派手な色 で染めた若い男性4人であり、今のところ、ここまで来ることはない 感じであった。 (こっちの車両に入って、すぐに座ったから私たちのことは気付いて ないみたいだわ..) 「どうやら、こっちには来ないから大丈夫そうね」 「良かったぁ..」 「でも、あの人たちが降りるまでここにいるしかないみたい」 「うん..」 狭い連結部の中に身体をくっつけあいながら隠れている私たち。 それも連結部のドアの窓に姿が見えないように、お互いM字型の状態で 腰をくっつける形で座っているので、すごい状況となっている。 彼女も薄々気づいているかも知れないけど、お互いのおま●こが熱い口 付けをしている貝合わせになっていた。 (まだ彼女の名前も知らないと言うのに、すごい関係になってるかも 知れないよぉぉぉ〜) まあ、今はそんな興奮をする余裕もなく、窓からそっと顔を出して彼ら の動向を伺う方が大事である。 けど、電車が激しく動くと思わず私も彼女も大きなあえぎ声を出して しまう。 そう、激しい揺れと共に2人とも後ろ側に倒れてカバーの部分に手を 付いてしまい、おま●この連結がより強固となっていく。 ぴったしとくっついてるせいか、相手の小陰唇の感触までもが、私の おま●こに伝わっており、愛液の方は完全に交じり合ってしまったと いうところであろう。 不可抗力と言えど、これは立派なレズ行為そのものであり、弁解の余地 はないかも知れない。 (ぁぁ〜周兄さん〜別にこういう世界に走ったわけじゃないからぁぁ〜) しかし、このおま●この擦りあいは結構、気持ちいいから怖い気がする。 私も彼女も自分から擦りあってきているわけではないのだが、どうしても 電車の揺れのせいで上下左右に擦る形となってしまう。 もう、はたから見れば激しいレズプレイをしてるのであろう。 「ああっ、あんまり動かないでぇぇ〜」 「そんなこと言われてもぉぉ〜ぁぁん」 私も彼女もどうにかしてこの揺れから逃げたいところだが、おま●この 方は更に密着してる感じで喜んでいる。 いやらしい愛液の音が響く中、お互いの擦る勢いが強くなってる気がする。 いや、何か電車の揺れに関係なく腰を揺らしてるですがぁぁぁ〜 すでにこの時の私たちは男性のことなど気にしなくなり、おま●こを擦り あう快感に溺れてしまい始めてる。 お互いに充血したクリトリスの包皮を剥くような感じで、コリコリと転が し合いをしており、その快感がとてもたまらない。 女同士の行為が好きな理由が何となく分かる気がする。 結局、このまま次の駅に着くまでこの淫らな行為が止まることなく続いて しまい、頭の方も真っ白となってしまった。 「はぁはぁ..駅についたみたいね」「うん..」 「私..途中でイっちゃったみたい..」「私も..」 「お互い..びしょびしょだね..」「そうね..」 どうやら男達の方は、私たちに気づく事もなく、そのまま降りてしまった らしく、残されたのは股間をぐしょぐしょに濡らしていた私たちだけで あった。 「そろそろ、服着替えない?」「うん..」 (あぁぁ〜ん、何か気まずい雰囲気だよぉぉぉ〜) きっと、彼女もこんなレズプレイは始めてなのかも知れない。 ここは誤解をされない内に何か言った方がいいのであろう。 「あ・あの..私..その..」「ううん、わかってる..」 どうやら、彼女は私の言いたい事をわかっていたらしい。 何かもう..言葉なんか出さなくても通じる仲になったかも知れない。 この後はお互いに服を着替え始め、会話をしないままで軽い会釈をして次 の駅で別れることにした。 とりあえず、彼女とメアド交換してしまったけど、しばらくはメールは 出しにくそうです。周兄さん。 *****沙智菜の勝手なイメージ*****************   「沙智菜、ここは勇気を出してメールを出さないとな」   「どうせなら自分の秘部の写メールでも送ったらどうだ」   「きっと露出のお誘いメールが相手から来るかも知れないぞ」 ******************************** それは危ない女に見られそうだよぉぉ〜。けど、お互いに顔を知ってる から今度どっかで偶然に会ったときはどうしよう.. それが露出の途中同士だったら一緒にそのまま露出しそうだよぉぉぉ〜


第60話へ