第50話「周兄さん」


ふにゃぁぁぁぁぁぁ〜〜〜 昨日から幸せいっぱいで何にも考えられない沙智菜です。 一体何がそんなに幸せかと言うとぉぉ〜〜 やっぱり言えないかもぉぉ〜 もう、本当にどうなっていいぐらいの幸せなんですぅ〜 そんな私に、きっと周兄さんはこう言ってきます。   「今日も朝から幸せいっぱいな感じだな?」   「それほど俺が来たのか嬉しいのか」   「まあ、俺としては嬉しい限りだがな」 きゃはぁぁぁ〜〜んっ♪ そう、今日の周兄さんの声は心の声じゃないんですっ。 正真正銘のリアルな周兄さんが私に話しかけてきてるんです。(ふにゃぁ〜) 実は海外に留学していた周兄さんが休みを利用して日本に帰ってきて、それも 周兄さんの両親が運悪く旅行中ということで、私のところで世話になる事に なったのです。 つまり、これって同居生活であって、1つ屋根の下で一緒に住んでいるんです。 さらにはお父さんが今日から出張に行くので、もしかして何かイケナイ発展を してしまうかも知れません。 けど、実際はそんな勇気もなく、周兄さんを見ただけで蕩けてしまう私が過激 なことが出来そうにありません。 (それでも満足かもぉぉ〜。こうして一緒に食事するだけで幸せだよぉぉ〜) 「じゃあ、沙智菜に早知華ねえ。俺はそろそろ出かけるから」 「いってらっしゃい〜周兄さん〜」「周くん、晩ご飯には帰ってくるのよ♪」 「わかってるよ、早知華ねえ。じゃあ行ってくるよ」 (ぅぅ..私が周兄さんって呼ぶのは分かるけど、お母さんを姉と言うのは何か 納得いかないよぉぉ〜) 「ふふ、私が早知華ねえって呼ばれるのが嫌っぽいみたいね」 ぎくっ「別に..昔からそうだったし..」 そう、周兄さんが小さい頃からお母さんとはお隣同士であり、歳が8つ離れてる とこから姉と弟ような関係だったらしい。 昔からすごく仲が良かった事から、もしお父さんと結婚してなかったら周兄さん と結婚してる可能性もあったのかも知れない。 (お父さんが周兄さん..それも嬉しいけど何か複雑な気分かも..) 「沙智菜ちゃん、何考えてるの?もしかして私に嫉妬かしら?」 「そんな馬鹿なこと考えないわよ」 「そういや、今夜からお父さんも居ないから3人だけになっちゃったわね〜」 「そうね..」 「もしかしてお母さんもどっか行った方がいいかしら?」 「...ううん。そんなことないよ」(お母さんが居なかったら逆に困っちゃうかも) 「そう?それじゃチャンスを逃しちゃうつもりかしら?」 「チャンスって何よ」 「ロストバージン♪」 「ぉぐ!!」グホゲホッゴホッ!!(何とんでもない事をさらりと言うのよ!!) 「あらあら、沙智菜ちゃん。行儀わるいわよ」 「しゅ・周兄さんに聞かれたらどうするのよっ!」 「もう家から出てるわよ。周くんも実はあの歳で童貞だから丁度いいわよ〜♪」 「ど・ど・ど・どぅてぃって..どうして、そう言えるのよっ!」 「留学するまで一番近くに居たから分かるのよ。周くんと女の子が付き合ったとこ を一度も見た事ないしね。まあ、そこが周くんの欠点かしら」 「欠点って..すごく真面目でいいじゃないの」 「馬鹿ね♪真面目ってことは沙智菜ちゃんが迫っても何の反応も示さないって ことよ。正直、裸で迫っても平然としてるかも知れないわよ」 「ぅぅ..それも何かツライ..」 と言うより、私の知り合いで全然、女性の裸を見ても感じない玄くんが居るから、 玄くんと周兄さんが同じタイプであったら相当手強いかも知れない。 でも玄くんは番頭で女性の裸に慣れた原因があるけど、周兄さんはそういう環境 じゃないのにどうしてなのかしら? 「やっぱ、私がいろいろからかったのが真面目になった原因かしら♪」 「か・からかったって..まさか周兄さんに裸を見せたんじゃないでしょうね!」 「それは当然じゃない♪お風呂にだって一緒に入った仲だしぃ〜」 「お・・お・お・・おっ・・おふろおひゅろってぇ..」 「そんなに動揺するほど、危ないことをしてないわよ。大体、姉弟のような関係 だったし..そういうエッチな発展もしなかったし〜」 「いや..発展されても困るんだけど..」 ううぅ..周兄さんがあそこまで真面目なのは、お母さんがいろいろやったせい ってこと?もしそうだったら、ちょっとお母さんを軽蔑しちゃうかもぉぉ〜。 「あらっ?何か言いたそうな目ね。いっとくけど、原因の大元は他にも心当たり あるから、お母さんだけ悪者にしないでね♪」 じぃぃぃ〜「その話、本当ぉ..」 「んもぉ〜母親を信じなさいっ。ほら、沙智菜ちゃんも見覚えあると思うけど、 周くんと仲がいい悪友が2人いたでしょ?」 「悪友..それって周兄さんのとこに遊びに来ていた男の人?」 「そうそう、あの2人って真面目そうに見えたけど、何か危険な感じぽかったから、 周くんに悪影響だったかもよ〜」 確かにちょっとそんな感じがした友達が居たような気がする。 聞いた話だと教師とアイドルのマネージャーになったみたいだけど、そんな2人の 学校や芸能界には行きたくないかも.. 「まあ、そういうことだからお母さんを疑っちゃだめよ♪沙智菜ちゃん」 何か責任転嫁された気もするけど、あんまり突っ込みたくないから、これ以上は 聞かないことにしよう。 「まあ、私も少しぐらい原因となってるし..やはり姉のような立場の私としては、 いつまでも真面目な周くんに責任を感じてしまうのよね..」「お母さん..」 「でも、母親の責任を娘が解消してくれそうだから安心できそうね♪沙智菜ちゃん の処女をあげるということで」 「お・お母さんっ!そんな簡単に言わないでよ」 「あら♪バージンは周兄さんのものなんだからぁぁ〜って、よく言ってなかったかしら」 「げほげほげほっ..」 「んも〜、そんなにむせる事ないわよ」 (誰がそうさせてるのよぉぉぉ〜) 「ど・ど・どこで私がそんな事、い・言ったのよっ?」 「しいて言うとオナニーの時かしら..それともピンチになった時あたりかな♪」 「ぅぅ..」(どこまで知ってるのよぉぉぉ〜ぅぅ..こわいよぉぉぉ〜) 「今日からお父さんも居ないから、目をつぶってあげるわよ♪ここはやっちゃいなさい」 「そんなこと出来ないよっ!」 「ちぇっ、言ってくれればベットも一緒にしてあげるのに〜」 いったい、どこの世界に娘のロストバージンを勧める母親がいるのよぉぉぉぉぉ〜〜 ここで私が頷いたら本当に一緒のベットで寝かされそうだよ.. (一緒のベット..周兄さんと一晩いっしょいっしょいっしょぉぉ〜) ぼっ!そんな音が出るかのように私の顔が真っ赤になってしまった。 「はぁぁ〜、やっぱ駄目そうね..その調子じゃ..」 ため息をはくお母さんを見て、悔しい気持ちにもなるが確かに駄目かも知れない。 正直、周兄さんと一緒に寝れるだけで幸せいっぱいで何も出来なくなっちゃうから.. だが、これでお母さんが素直に引き下がるわけでもなく、この後で本当に洒落に ならないことを仕掛けてきたのであった。 お母さんのせいで朝っぱらから顔を真っ赤にして学校にいく羽目になった私。 でもそんなことは幸せいっぱいの今の私にはどうでもいいかも知れない。 何せ、家に帰れば周兄さんが居るし、今日は私の手料理をご馳走するつもり なんだもん♪ (ぅぅ..今日が6時間目まであるのが恨めしいよぉぉ〜) キンコーンーカンコーンー。放課後の鐘と共に急いでデパートへ買い物に向かう。 周兄さんへの手料理の食材を買うためであり、ここはしっかりと吟味しなくちゃ。 (これで準備ばっちりだわっ!) 食材も揃えて、すぐに家に帰った私だが玄関に周兄さんの靴がないことに少し がっくりとしてしまう。(まだ帰ってきてないんだぁぁ..) まあ、今のうちに食事を作ればいいだけの事だし、ちょっと早いけど台所に 向かうとお母さんがニヤニヤしながら私に話しかけてきた。 「おかえり〜沙智菜ちゃん。今日はいつもより材料が高めみたいね〜ふふ」 「いいじゃない。今日は私の料理の腕を見てもらうんだから」 「はいはい、私はその分、ゆっくり楽できそうね〜♪」 そういって居間の方にいってTVを見始めるお母さん。 邪魔されるかなと思っただけに、何か拍子抜けした感じ.. とりあえず、これで料理に集中できるし、早く作らなくちゃ! こう見えても料理には自信があるし、周兄さんが好きな和食系はほとんど マスターしているから、今日は和食のオンパレードにする事にした。 買った魚の背と腹の両方に包丁を入れ、中骨を切り離しながら下ろしていく。 周兄さんが舌鼓を打つぐらいの料理をご馳走してあげるんだから♪ こうして料理を次々と完成していき、後は周兄さんの帰りを待つだけだが、 なかなか帰ってこない周兄さん。 晩ご飯前には帰るって言ったのに..そろそろ帰ってきてほしいんだけど.. 時計を見て心配している脇で、いつの間にかお母さんが私の作った料理を どんどんとつまんで食い始めていた。 「周くん遅いわね〜それにしても美味しいわね。こっちもなかなか♪」 「お母さん、どんどんつまみ食いしないでよっ!大人しくTVでも見てなさいよ」 「暇なんだもーんっ」「暇だからってつまみ食いしないで」 「わかったわよ。しょうがないから先にお風呂に入ってこよ♪」 「ちょっとお母さんっ!食事の前にお風呂入るつもり?入るの早すぎるんじゃない」 「そうね..じゃあ周くんが帰ってきたら一緒に入ろうかな♪」 「お・お母さんっ!」「半分だけ冗談よ♪」「半分って..」 何か本当にやりそうな気がしたので、ここは周兄さんが帰ってくる前にお母さん を風呂に入らすことにした。 「わかったわよ。入ってきていいわよ。でも周兄さんが帰る前に出てきてよ」 「OK!じゃあ料理ももうほとんど出来てるみたいだから沙智菜ちゃんも一緒 に入ろ♪」 「何で私まで入らないといけないのよっ」「ああ〜もしかして周くんと入るつもり!」 「入らないわよっ!」「うそうそ〜こっそり狙って入るつもりでしょ。「きゃあ、 周兄さん入っていたの」って感じで♪」「しないわよっ!」 「じゃあ、私と先に一緒に入っても問題ないよね〜」「・・・わ・わかったわよ」 こういう時の悪戯心いっぱいのお母さんは、ほっとくと何をするかわからないので ここは素直に入った方がいいかも知れない。 冗談抜きでお風呂の途中で周兄さんが帰ってきたら、わざとタオルを巻いて出迎 えようとしそうだからだ。 「じゃあ、先に入ってるから早く入ってきてね♪」「とりあえず、もう少しだけ 料理をしたら行くから」「待ってるわよ♪」 何か変な企みがありそうな気もするけど、周兄さんが帰ってくる前に済ませないと 余計にとんでもない目に遭いそうと思った私は区切りいいところで料理を終えて お風呂場に向かった。 すでにお母さんが中に入っているらしく、籠にはちょっと派手な下着が脱ぎ捨て られていた。 「これって勝負下着じゃない..何でこういうのを普段穿いてるのかな..」 服を全部脱ぎ、真っ裸の状態でガラス戸を開けて風呂場の中に入る私。 ガラガラガラ..「お母さん、あの下着派手すぎるわよ..」 「ん?沙智菜?」「えっ!?」 目の前のお風呂に入ってる人を見て目を疑ってしまう。 お母さんにしては身体がゴツゴツしてるし..何せ、おっぱいがない..顔を見ると そこにはどう見ても周兄さんにそっくりな..いや周兄さんの顔をしてる人が.. 「ええええええええええぇぇぇっ〜〜〜な・な・な・何でなんでなんでぇぇーー」 とりあえず、よくわからないけど、ここから出なくちゃ! そう思って閉めたガラス戸を開けようとすると何故か開いてくれない? 「えっえっ..これ内側しか鍵がないのに何でなんでなんでよぉぉぉ〜〜」 ガチャガチャガチャ...「う〜ん、最近の防犯グッツは凄いわね〜♪」 お風呂場の外側から聞こえる中に入ってると思われた母親の声が聞こえる。 「お・お母さんっ!何で外に?そ・そ・それに何でなんでしゅ・しゅ・周兄さんが」 「そんなに驚く事ないわよ。周くん、とっくに帰っていたのよ」 「うそっ!だって玄関に靴が..」「あっ、それ私が片したから♪」 「何ですって!周兄さん帰ってないって言ってたでしょ!」「そんなこと言ったかしら〜」 (は・はめられた..これが目的だったのね..それにしても実の母親がこんな とんでもないことしていいのぉぉぉーーー) お母さんの策略にまんまとはまって一緒の風呂場に裸で入れられてしまった私。 こ・この後、いったいどうしたらいいのよぉぉ〜〜 ああぁぁ〜もうお尻は見られちゃったじゃないのぉぉぉ〜〜〜


第51話へ