第36話「理科室の掃除」


 今回もまた男子たちに見つかってしまう危機に陥ってる沙智菜です。  礼璃んの話だと、第2理科室の掃除のサボリ率は9割以上って言ってた のにぃぃ〜。私の時だけ何で掃除する生徒がきちゃうのよぉぉ〜。  絶対私って羞恥な目に遭うように仕組まれてるよぉぉぉぉーーー。  周兄さん、どうして私だけこんな目に遭うか教えてくださいぃぃーー *****沙智菜の勝手なイメージ*****************   「それは沙智菜の裸を早くみんなに晒したいからだよ」   「まあ、礼璃んの場合は掃除がこない時間を計算をしてると思うぞ」   「掃除をさぼらない真面目な男子だから話せば分かるよ」 ********************************  いやいや、話せば分かるわけなんてないよぉぉ〜。  相手が真面目なら、こんな破廉恥な行為認めてくれるわけないし、先生 に連絡がいっちゃうかもぉぉ〜。  校内で露出行為をして謹慎なんて受けたくないよぉぉ〜。  しかし、器材収納棚に飾ってあるガイコツの標本が当然、生身の女性の 裸に代わっていたのを見たら、どう反応するのだろう?  一瞬、驚くけど、すぐに女子生徒が裸で立ってることは分かるはずだ。  標本の代わりに裸で立ってましたぁ〜。なんていうシチュはすっごく! 恥ずかしいよぉぉ〜。 (ああぁーーん、このままじゃ100%見つかっちゃうぅぅーー)  何せ掃除道具入れは器材収納棚を横切らないといけないから、確実に私 の目の前を男子たち3人が通るのだ。  もう男子たちはこっちに向かって歩いてきており、横切る際に棚の方を 視線がいくのは間違いないから、もう一巻の終わりかもぉぉ〜。  私があと出来ることって物音を立てないでバレないようにするしかない んだけど、音なんか関係ない状態よね.. (あぁぁーん、奇跡が起こってぇぇ〜。こっちを見ないで横切ってぇぇ〜)  男子たちが横切るまで2m..1m..50cm..ゼロォォーー!? (いやぁぁぁぁぁ〜。男子たちが目の前に見えたぁぁぁ)  ぴたりっ..(えっ?何で私の目の前で立ち止まるの?)  もしかして..一発でバレたの?いや、でもぉ〜..何故かこっちを見 てないんだけど? 「お、お、おい、あのテーブルに座ってるのは何だ?」 「ばっ!バカッ!口に出すなよ。俺は何も見えてないぞ..」 「そ、そ、そうだよ。俺たちは何も見てない。見てないぞ..」 (あっ..もしかして私が置いた新品の人体模型と女装ガイコツを見てる の..いや、それだったら尚更不味いんじゃないのぉぉ〜)  私も男子たちが見てる方へ視線を向けると、女装ガイコツが新品の人体 模型に寄りかかったシュールなアベック光景になっていた。 (・・・キモッ!こ、これはかなり引いてしまいそうな絵柄かもぉ..)  これをセットした私にとっては、あまり怖くないものになっているが、 7不思議を信じ込んでいる男子たちにとっては相当びびることかも.. 「だ、誰かのイタズラだよな?なあ?」ガクガク.. 「それなら棚の方を確かめればいいんじゃ」ブルブル.. 「いや..それが罠じゃないのか?」ゾクゾク.. (あ〜ん、だめだめぇ〜!確認なんてしなくていいよぉぉぉ〜)  それにしても、いつまで棚の前で止まっているのよぉぉ〜。ちょっとで も男子たちが視線を横に向ければ私の裸が映っちゃう.. (けど..何かすっごくドキドキして興奮しちゃうよぉぉ〜)  こんな近距離で裸を晒してると思うと、つい乳首がピクピクと上下に動 いちゃう。まあ、すでに固く勃っていたのが幸いであり、こんな状況で乳 首が激しく変化したら絶対に「あんっ」って声を漏らしちゃう。  とりあえず、奇跡が起こったので、このままこっちの棚を見ないで、掃 除をさっさと終わらして帰って欲しいと願うだけだ。 (って言うかぁぁ〜。目の前で立ってると、どんどんこっちが興奮しちゃ うよぉぉ〜。早く横切って、よこぎってよぉぉぉーーー)  私の願いが通じたのが、青ざめていた男子たちがようやく横切って、掃 除道具を取り出して黙々と掃除をし始めた。  しかし、いつまでも棚の中に居るのも絶対に危険なことであり、ここは 男子たちが震えてる間に逃げ出した方がいいのかも知れない。  やっと支柱から離れる方法も分ったし..と言うのか、この支柱って樹 脂で出来てるから力を加えればぐにゃっと曲がるんだよね。  あと、そろそろシュールな女装ガイコツに慣れてしまいそうだし、男子 たちが落ち着きを取り戻す前に何とかしなくちゃ! (あれがイタズラと判断されたら、絶対に棚を確認しちゃう!一か八か逃 げて隠れる方を選ぶわっ!)  そう思った私は男子たちの一瞬の隙を狙って棚から飛び出して、近くに あった大きなダンボール箱の中に入り込んだ。  まさか緊急用に中を空にしたダンボール箱が役に立つなんて思わなかっ たよぉ〜。  私が移動した直後、後ろの方を清掃し終わった男子たちが棚の周りを掃 除しにやってきたので、まさにギリギリセーフだったかも..  ただ、気のせいか私が隠れてるダンボール箱の近くに男子たちが居るん だけどぉぉ〜。 (何で近くにいるのよぉぉ〜。まさか誰か隠れているのがバレてるとか?)  どうやら、すでに女装ガイコツがイタズラであるってことは分ったらし く人体模型が新品であるのも理解してしまったらしい。 (ああぁ〜、男子たちがダンボール箱を囲ってる〜〜〜やっぱり、もうバ レているってことぉぉーー)  ダンボール箱を囲っている男子たちが、互いに顔をあわせながら何かを 言おうとしている。  これは、やはり中に入ってることをわかっての行動なのだろうか..  ドキドキする私に、ついに男子の1人が、ため息をはきながら話し始めた のだ。 「はぁぁ〜、誰か喋れよ。余計、怖くなるだろう」 「すまね〜、マジ怖えんだから仕方ねーだろ。アレがイタズラってことは 分るけど..ガイコツが着てる女子の制服は新品じゃねーよな?」 「新しい人体模型が購入されるって話は聞いてたけど..噂だと前の人体 模型が生徒を殺したから処分したって聞いたぞ..」 (うわぁ〜、すごい尾びれ付きで話が怖くなってるぅ〜) 「おい、俺もそれ聞いたことあるぜ。ガイコツと協力して生徒を襲ったっ てことだぜ。それも身に着けてるものを奪うっていうから、背筋が凍って しまうよな〜」 「・・・おいおい、それじゃまさか..またそれを繰り返したってことか」 「いや..そんなことねーだろ..じゃあ箱にはやられた生徒が..」  何か男子たちの視線がどんどんダンボール箱に集中してくるんですかぁ〜 (えっ..もしかして中を見ようとする気なの?それはダメェェ〜)  どうやら、今度は怪談が悪い方向へ向かっていくような気がする。  私が今出来ることって両手で顔を隠すことぐらい?  いや、顔だけ隠してもあまり意味がない気がするよぉぉ〜。  そして、ついに恐れていたことを男子たちがし始めた。そう、箱を少し だけ開けてきたんです。  当然ながら、私の裸が見えたはず。いや、男子たちが「おっぱいじゃね ーか?」と言ってるから、完全に見られちゃったってこと?  唯一の救いは、まだダンボール箱はほんの少し開けられただけで全開に されてないとこぐらい。  だから、男子たちの視界には私の顔と足元は見えていない。お腹付近を 見られてるけど、学生証張ったままだよぉぉ〜。 「うおっ!この箱、女子がは、は、入ってねーか!」 「ばっ、ばかっ!大声出すなよ。これってイタズラじゃねーんじゃないか」 「・・・な・何か学生証みたいのも見えたし..これってマジで..」  男子たちの姿は見えないけど、相当震えて怯えているのはすごく分った。  確かにイタズラじゃ女子が裸でダンボール箱に入るってことはしないよ ね..  あとはこのまま勘違いしてもらって、ダンボール箱を全開しないように して欲しいんだけど、そんな男子たちの前で、どうしてもおっぱいがプル プルと震えてしまい、男子たちの視線を注目させている様な気がする。 (ああぁぁーー、どうしておっぱいが動いちゃう..これってまずいよぉ ぉぉーー)  やはり、おっぱいの揺れを止めることが出来ない私。  まるで自分から「怖くないよ」って誘っているようで、この揺れを見て いる男子たちはどう思うのだろうか。  そう思う私の前で、揺れを見ていた男子たちの口から、その答えが出て きた。 「これって、ひょっとして人形じゃねーか?」 「しかしよぉ、このおっぱい、リアルすぎるよな..」 「ああ、人形の割にはリアルだな..マジで裸の女子がダンボール箱に入 ってる感じじゃねーか?」 (ぅぅ..入ってます..) 「人形と分れば..何かこ、こ、怖くはないよな?」ガクガク 「そうだな。乳首も見事に忠実に再現してるし..固く勃ってピクピクし てる風に見えるの気のせいだな..」ブルブル.. 「ああ、意外と本物の乳首と比べてもわかんねーんじゃねーのか」 (わかるわけないかも..本物の乳首なんだし..)  男子たちが、怖さを紛らわそうとして、おっぱいだけを必死に観察して いる。  けど、このままじゃ興奮が高まって、おっぱいの揺れが激しくなっちゃ うよぉぉーーー  が、この後の言葉で興奮していたのは私だけでないことに気づいてしま った。 「やべーな、このおっぱい見てたら、俺マジで勃ってきてしまった..」 「おいおい、この状況で勃つなんて危ないな..と言いたいとこだが、俺 もちょっと勃ってきてるんだが..」 「このおっぱい、見ればみるほど興奮して、たまらなくなる気がしねーか」 (うそぉぉ〜。興奮なんかしないでぇぇー) 「何か触ってみたくないか?」「お・お前もか?」 「怖いけど..思い切り揉んでみたくなるよな?」 (ちょっとぉぉぉーー、男子たちの様子がおかしくなってるよぉぉぉーー 揉まれたりしたら絶対にばれちゃうよぉぉぉーーー)  私のおっぱいを間近に見て、すっかり興奮してしまった男子たち。  このままだと、本当に揉まれてしまって生のおっぱいだとばれてしまう だろう。 「揉んでみるとするかぁ〜」 (ええっ〜ちょっとぉぉーーそれだけはやめてぇぇーー)  1人の男子の言葉で、ついに皆の手が私のおっぱいへ近づいていく。  これはもうかなりの危機的な状態に陥ってしまった気がする。  いくら何でも揉まれたりしたら絶対に分るってぇぇ〜!  ついつい男子たちの迫る手に焦る私は、不覚にも中で身体を動かしてし まったのであった。  ガタガタッ..(うきゃぁぁぁ〜しまったぁぁぁぁーーーー) これは、明らかに私が人形ってないって自分から宣言してしまった様だ。  だが、これが思わず好機に繋がってしまうとは考えもしなかった。 「うわぁぁっ..今、こいつ動いたぜぇぇ..」 「う・嘘だろ..生きてるのかよぉぉ〜」 「やっぱり噂どおりじゃねーのか..これってガイコツが始末して、まだ 虫の息ってとこかぁ〜」 (はい?何よ、それ?ホラー映画の見すぎじゃないの?) 「お・お前、揉んでみろよ..なぁ..」 「冗談じゃねーよ。俺が何でこんな気味の悪いのを揉まなくちゃならねー んだよ」 「に・逃げようぜ!」  すっかり顔が青ざめてしまった男子たちに、もう私のおっぱいを揉もう とはしない感じに見える。  それにしても、この男子たちって相当びびりなのかも知れないけど、エ ッチであるのも確かかも知れない。  何せ、こんだけ怖い怖いって言ったあとに下の方も少しだけ見ていこう と提案してきたのだ。 「ど、どーせなら..もう少し開かないか?」「・・・そ、そーだな」 「せっかくだし..」 (こらぁぁ〜、あんたらどうかしてるでしょぉぉ!)  こうして、今度は下の方だけを少し開けられて、私のおま●こまで見ら れることに。  おま●こが見えたことで興奮する3人だけど、部屋が暗いのとダンボー ルを全開にしてないので影が出来て見えにくいことから、もっと開けよう としたところ、後ろの方でガタンと大きな音が響いてきた。  どうやら、女装ガイコツがバランスを崩して倒れたようだけど、男子た ちにとっては動いたように見えたらしく、悲鳴をあげるわ、互いの頭をぶ つけて転倒するわ、更に人体模型まで倒れてきたせいで完全なパニック状 態になった。  そして、ガイコツに襲われると思ったらしく、慌てて逃げ出していった。 (よかったぁぁ〜。助かったよぉぉ〜。これで服が着れるわ)  今回こそは大変な目に遭うと思ったけど、何とか無事に難を逃れること が出来ました。  周兄さん。今回は本当に危機一髪がいっぱいだったよぉぉ〜。 *****沙智菜の勝手なイメージ*****************   「沙智菜、今回の裸の標本露出は素晴らしかったぞ」   「しかし、気になるのは礼璃んが寝てるというけどどうやって?」   「抱きついて寝るっていってもキツイと思うが..」 ********************************  えっと、それは私も気になって、後日礼璃んに実践してもらったら、支 柱が曲がるのを利用して思い切りガイコツを斜め倒して寝るようでした。 (50度ぐらい曲がるみたいです)  けど、傍目から見るとガイコツに熱い抱擁してる風なので私には真似で きないかも..(ガイコツの代わりに立つのはいいんだけど..)


第37話へ